シーフードとワインが“カジュアルに”楽しめる恵比寿の魚介バル「サカナバル」(東京都渋谷区)の姉妹店「サカナバル グリル」が10月20日、東京都港区六本木にオープンした。

新鮮な魚介をワインとともに…
新鮮な魚介をワインとともに…

同店ではサカナバルと同様、函館から直送された魚を使い、漁獲から24時間以内にフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、和食と幅広いスタイルに調理された料理が提供される。

ドリンクメニューには、シーフードとの相性を考えた世界各国のワインを中心に、ハイボールやカクテル、焼酎などがラインナップ。グラスワインは常時8種以上が日替わりで用意されているそう。

店内イメージ
店内イメージ

また、サカナバル グリルでは、旬の魚のグリル料理や甲殻類などのグリルアソートなど、“目でも楽しめる”豪快な料理が新たにメニューに追加された。活きオマール海老のグリルは、一尾350g~450gが2,700円で提供される。このメニューをオーダーすると、海老の味噌と殻についた身を使ったリゾットが500円で提供されるそうだ。

旬の魚のグリル料理がメニューに登場!
旬の魚のグリル料理がメニューに登場!

このほか、バラエティに富んだ自家製サングリアやフレッシュフルーツを使ったスプリッツァー(550円~)に加え、1,000本以上のワインをストックできるセラーを店内に設置し、モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル(6,500円)や、ヴーヴ・クリコ イエローラベル(7,000円)なども用意されているとのこと。

店舗所在地は、東京都港区六本木3-7-1 THE ROPPONGI TOKYO 1F。営業時間は17時~24時(ラストオーダー23時)。

※表記価格はすべて税別