米国ロサンゼルスに店舗を構えるカフェ Alfred Coffee & Kitchen では、ちょっと変わったスイーツが“裏メニュー”として提供されている。ワッフルコーンにコーヒーを注いだ「Alfred Cone」だ。

コーヒーカップの代わりにコーンに注いで
コーヒーカップの代わりにコーンに注いで

Alfred Cone は、コーヒーカップの形をしたワッフルコーン。そう、よくアイスクリームをのせる、あのワッフルコーンだ。カップのふちにはチョコレートがデコレーションされている。そして、中にはエスプレッソコーヒー(またはマキアート)を注いで提供される。

ワッフルコーン溶けないのかな…
ワッフルコーン溶けないのかな…

米国メディア Los Angeles Times によると、同店が Alfred Cone に入れるコーヒーとしてオススメするのは“マキアート(エスプレッソに少しのフォームドミルクを合わせたもの)”だそう。「エスプレッソがチョコレートを溶かし、モカ(チョコを合わせたコーヒー)のような味わいが楽しめる」のだとか。

ふちのチョコを溶かしながら飲もうね
ふちのチョコを溶かしながら飲もうね

Alfred Cone は、コーヒーの値段にプラス5ドルで注文できる。イートインの場合は洗い物が出ないし、テイクアウトならカップのゴミが出ないので、お店にとってもお客にとっても嬉しい。実際に同カフェでは、1日に70個もの Alfred Cone が売れているようだ。もしかすると、今後カフェ業界の新たな定番メニューとなりうるかもしれない。

※画像の出典はすべて Alfred Coffee & Kitchen 公式 Facebook ページ