東京から秋田へ車で向かう道中、何となくピンと来た高速 SA(サービスエリア)に立ち寄り、ご当地グルメを探す旅もいよいよ折り返し。

往路に引き続き今回の復路編では、岩手、福島、栃木を通って東京へ向かう途中の SA グルメをご紹介する。

◆前沢 SA(岩手県)「じゃじゃ麺 」「前沢牛入りフランク」

岩手県といえば盛岡の冷麺やわんこそばが有名だが、実はこの「じゃじゃ麺」(570円)も盛岡を代表するご当地グルメ。うどん麺に味噌ダレ、そぼろ肉、細切りキュウリ、紅ショウガ、ねぎがトッピングされている。お好みでラー油と酢をかけ、上から下までごちゃ混ぜにしていただく。

思い切ってごちゃ混ぜにして食べよう
思い切ってごちゃ混ぜにして食べよう

麺は平たく、コシがあってもちもち!つるんと喉ごしのいいうどんだ。そこに、甘辛いタレが絡んで絶妙なあんばい。さらに紅ショウガがさっぱりと味を引き締めている。ラー油と酢があとからピリっと喉をつついてくるのも良い。

もったり肉味噌が絡んだ麺は絶品
もったり肉味噌が絡んだ麺は絶品

さらにもうひとつ、岩手といえば前沢牛でしょ!ということで、「前沢牛入りフランク」(360円)を食べてみたところこれがまた絶品!しっかりとした肉の味で、今までのフランクフルトの概念をあっさりとくつがえしてきた。

こんな肉肉しいフランク初めて!
こんな肉肉しいフランク初めて!

パリッとした皮に包まれた、プリッとジューシーな肉。ぎゅっと身が詰まったような噛みごたえがあり、歯を押し返すほどの弾力がある。かぶりつくと本当に勢いよく肉汁が溢れだしてくるので、紙ナプキンを用意しておいた方が良い。

◆国見 SA(福島県)「牛タン串焼き」

SA 自体は福島にあるのだが、ここではスナックメニューとして「牛タン塩焼き」(750円)が販売されている。筆者のように、うっかり仙台で牛タンを食べ損ねてしまった人にも優しい。

国見サービスエリアで東北のおみやげを
国見サービスエリアで東北のおみやげを

仙台で牛タンを食べ損ねた人、まだ大丈夫だよ!
仙台で牛タンを食べ損ねた人、まだ大丈夫だよ!

パックにたっぷり入って提供される牛タン。ジャーキーのように、噛めば噛むほど口の中に旨みが広がる。いい具合に塩気が効いていて思わずビールを飲みたくなるが、ドライブ中なのでもちろん我慢。せめて白いご飯が欲しい…!

安定のおいしさでございました
安定のおいしさでございました

◆佐野 SA(栃木県)「佐野ラーメン」

東京に着く前、最後に立ち寄った佐野 SA。ここで食べるのはもちろん、言わずと知れた栃木の人気グルメ「佐野ラーメン」だ。

やっぱり食べたい佐野ラーメン
やっぱり食べたい佐野ラーメン

カレーや丼物などメニューは豊富に用意されているが、やはり佐野ラーメンが1番人気のよう。今回筆者はお店オススメの「佐野ラーメン煮玉子入り」(720円)をチョイスした。

見てこの美しいスープ!
見てこの美しいスープ!

 
独特の平打ち麺に、メンマ、ネギ、煮玉子、チャーシュー、なるとがトッピングされている。醤油ベースのスープが何とも日本人の心をつかむダシの効いた味わいで、気づいたら飲み干してしまうほどの美味しさだ。

コシがあってモチモチの麺
コシがあってモチモチの麺

 
麺は「とぅるん」となめらかな舌触りとモチモチの歯ごたえがある。太さがまちまちなのも手打ち感があって良い。ここにネギを絡めて口へ運ぶと、この上ない幸せが訪れる。

宝石みたい。煮玉子入りにしてよかった…!
宝石みたい。煮玉子入りにしてよかった…!

こうしてシメのラーメンを味わい、サービスエリア食べ歩きの旅は満腹のうちに幕を閉じた。

なお、肝心の秋田滞在時間はほとんどなかったのだが、人があたたかいことと、魚(特に旬の秋刀魚)が本当に美味しかったことは特筆しておきたい。地酒も絶品だった。

次回は新幹線でまっすぐ秋田へ降り立ち、じっくり食べ歩きをしようと心に誓った。

次こそ秋田グルメを本気でレポートします!
次こそ秋田グルメを本気でレポートします!