銀座コージーコーナーのカフェ・レストラン併設27店舗で、希少なぶどう「ナガノパープル」を使ったメニュー3品が9月8日に発売された。

「ナガノパープル」を使った新メニューが登場
「ナガノパープル」を使った新メニューが登場

ナガノパープルは、種がなく、皮ごと食べられる大粒のぶどう。今回は、パスタ、パフェ、スムージーに使用されている。

パスタ「長野県産ワイン香る長野パープルのボロネーゼ」(1,080円)は、じっくり煮込んだミートソースに、ナガノパープルのワインコンポートを組み合わせてあるそう。ソースのまろやかなコクにナガノパープルの芳醇な香りと爽やかな甘みがマッチしているのだとか。

「長野県産ナガノパープルのパフェ」(1,080円)は、ナガノパープル果肉とグラニテ(氷菓)の爽やかな甘み、香りに、アイスと生クリームのミルク感が加わり、絶妙なコンビネーションが楽しめるそう。

また「COZY スムージー(長野県産ナガノパープル)」(700円)は、フレッシュなナガノパープルのジュースと、微細氷が入ったアイスを組み合わせてある。ストローで混ぜるとシャーベットのような味わいが楽しめるとのこと。

いずれも数量限定で、イートインのみ。10月中旬までの販売予定。

※表記価格は税込