肉志向の高まりからか、肉料理を販売する店が好調。男性が好むイメージの強い肉ですが、女性にも注目されているようで、立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」でも女性を多くみかけました。

そんな“肉食女子”たちが行列をなすハンバーグレストランが東京・銀座にあります。その名は「数奇屋バーグ」。全国から年間7万人以上のファンが訪れるという人気店です。

「数奇屋バーグ」で女性のココロをつかむハンバーグを食べてきた
「数奇屋バーグ」で女性のココロをつかむハンバーグを食べてきた

店舗は、数寄屋橋交差点の角、大きな不二家の看板が目立つビルの1階にあります。私がお店に到着したのは、ランチタイムのピーク突入直前の11時45分頃。それでも店内はすでに満席で、外では2人が待っていました。先にメニューを渡されたので、注文を済ませて入店を待ちます。

数寄屋橋交差点の角にあります
数寄屋橋交差点の角にあります

同店のハンバーグは、ハンバーグに組み合わせるトッピングとソースを選べるという仕組み。ランチタイムは、1,000円(税込)のハンバーグを基本に、トッピングとソースを選べて、ミニサラダとライスが付いてきます。

トッピングを見てみると、アボカド、トマト、チーズ、玉子と、女性が好きな食べ物が並んでいます。2種類のチーズを組み合わせた「ダブルチーズ」、玉子とトマトを組み合わせた「月見トマト」など、100円~300円のトッピングが用意されています。

ソースは、「数奇屋オリジナルガーリック醤油ソース」「奥深い熟成デミグラスソース」「日本の“技あり”わさび醤油ソース」「リッチなコク旨トマトソース」「魅惑の和風ポン酢ソース」の5種。

2種類のハンバーグをオーダーし、5分ほど待って入店できました。女性を魅了するその味とは…?

◆その1「アボカドトマト+わさび醤油ソース」

一品目は、大人気だという「アボカドトマト」トッピングをチョイス。わさび醤油ソースでいただきます。

みんな大好き、アボカドとトマト
みんな大好き、アボカドとトマト

ジュージューと音を立てる熱々の鉄板に、ハンバーグとソース、つけ合わせの野菜がのっています。コロンとしたハンバーグの上には、分厚いトマトスライスと、アボカドスライス、そして大根おろしとわさび。見た目にも色鮮やかな一品です。

横から見てみると、ハンバーグはしっかり肉厚。トマト、アボカドが上に重ねてあるので、縦にボリュームのあるハンバーグです。

添えられたソースをかけていただくのですが、あまりに熱々なのでソースがはねる可能性があるそう。気をつけつつ、そろっと回しかけます。

はねるソースに気をつけて!
はねるソースに気をつけて!

いざ、いただきます!ざくざくカットするぞ…と思ったのですが、アボカドとトマトとハンバーグを一気にカットするのは非常に難しいことに気づき、アボカドとトマトをおろしてハンバーグだけをカットします。

ハンバーグの断面を見てみると、厚みがある中でもほどよい“ぎゅっと”具合。スカスカでもなく、しっかり固められすぎているわけでもなく、適度にあるすき間からは肉汁が流れ出しています。おいしそう…!

ほどよく“ぎゅっと”つまっている
ほどよく“ぎゅっと”つまっている

口に含むと、見た目を裏切らずに“ぎゅっと&じゅわ~”な肉が待っていました!肉の食感はしっかりと感じるけれど、ジューシーさもある。ジューシーだけど、後味が油っこくない。肉肉しさと食べやすさを兼ね備えた、優等生な味なのでは?

またソースは、しょうゆの香りがするものの、ポン酢のようなさっぱりさもあり、濃すぎないのでハンバーグの味を邪魔しません。

アボカド+トマト+肉がまずいわけがない
アボカド+トマト+肉がまずいわけがない

◆その2「月見チーズ+トマトソース」

2品目は、これまた人気のトッピング「月見チーズ」に、トマトソースを合わせました。こちらは、ソースがかかった状態で提供されます。

トマトソースがぐつぐつ
トマトソースがぐつぐつ

肉厚ハンバーグの上に、チーズ、トマトソースをかけ、目玉焼きをのせてあります。鉄板の上ではねるソースと、鮮やかな黄色い黄身が食欲をそそる一品。

ナイフを入れると、ほどよく火の通った黄身が流れ出し、肉汁やソースと混ざり合います。トマトソースは、トマトの酸味が強く感じられ、予想していた以上にさっぱりとしていました。黄身のコク、チーズの塩気、トマトの酸味、肉の味と、さまざまな味が融合していてスペシャル感満載です。

加えて、ハンバーグのしっかりとした肉の味わいに驚かされました。1品目よりはややこってりとした洋風の味付けだったにも関わらず、肉の旨みをしっかりと感じられるのです。どんなソース、トッピングでも合うというのが、このハンバーグの力かもしれません。

トマトソース、オススメです
トマトソース、オススメです

◆人気の秘訣は“肉”にアリ

この美味しさの秘訣は、業界トップクラスの高級卸元によって目利きされた、A5、A4ランクの特選黒毛和牛や、最上級特選牛のみが使用されているところにあるのだそうです。“ハンバーグマイスターたちが惚れ込んだ食材だけで作り上げる”のだとか!

また店内はカジュアルなカフェのように明るく、手書きの壁のボードなど、アソビゴコロが現れています。広くはないのですが落ち着ける、不思議な空間です。

店内も見渡してみて
店内も見渡してみて

女性が好きなトッピングが並び、女性でも食べやすいサイズで、女性が入りやすい雰囲気。しかもおいしいとあれば、女性ファンが通うのも納得できます。トッピング、ソースを変えることでさまざまな味のバリエーションが楽しめるのも、リピーターには嬉しいですよね。

私が食べている間にも、常に数組が並んでいるという状態が続いていました。もちろん、男性も!しかし店員さんの力量か、注文からはあまり待たずに焼きたてハンバーグが食べられるので、そこまで回転は悪くありません。少し並ぶ可能性はありますが、混雑する時間でもササッと楽しめる可能性は高そうです。通いたい店が、またひとつ増えました。