脂っぽいものを食べているとき、「この脂を集めたら車が走るんじゃないか」なんて思ったことはないだろうか?それがいま、現実のものとなった。

100年以上もベーコンを作り続けているという米国の食品メーカー Hormel Foods Corporation が、世界初となるベーコンの脂で走るオートバイ「ベーコンバイク」を発表した。米国メディア Foodbeast が伝えている。

「俺たちはベーコンに“走らされて”いるのさ」
「俺たちはベーコンに“走らされて”いるのさ」

「ベーコンバイク」は、ベーコンを調理した時に出る脂を燃料にして走るオートバイ。バイクは1ガロン(約3.8リットル)の燃油で75~100マイル(約120~160キロ)走るという燃費のよさだ。

ちなみにベーコン脂には、同社ブランドのベーコン「Black Label Bacon」が使われており、これを精製することで“ほぼカーボンニュートラル”の燃油が出来あがるのだそう。そのため、地球温暖化にも悪影響を与えにくいのだとか。

環境にもやさしいんだよ
環境にもやさしいんだよ

 
しかもこのベーコンバイク、排気ガスまでベーコンの香りがするというおまけ付き。ベーコンに目がないアメリカ人たちが大いに喜びそうだ。

ベーコンバイクの公式サイト Driven by Bacon では、ベーコンバイクのパーツが着々と作られるところから、ライダーがついに完成したベーコンバイクに乗って、テキサスからカリフォルニアへとロードトリップに出るまでの軌跡が写真とともにレポートされている。

ベーコンバイクでアメリカ横断!
ベーコンバイクでアメリカ横断!

食べかけのベーコンの脂も給油していいのかな…
食べかけのベーコンの脂も給油していいのかな…

同サイトでは、初めてベーコンバイクのエンジンがかかり「ブロロロローン!」と産声を上げた瞬間の動画も公開されており、これが(なぜか)なかなかの感動ムービーなのでぜひご覧いただきたい。喜びに湧くメンバーとともに、思わず笑顔がこぼれてしまう。

「フォ~~~ウ!!!」
「フォ~~~ウ!!!」

だが、そもそも Hormel Foods Corporation はなぜベーコンバイクを作ろうなどと思いたったのだろうか?その最大の理由は、次のように語られている。

「俺たちの Black Label Bacon が、正真正銘のベーコンだからさ」

よくわからない
よくわからない

 
※画像の出典は Driven by Bacon 公式サイトおよび公式 Twitter