スターバックス コーヒー「ホット ベイクド アップル」と「ベイクド アップル フラペチーノ」
“焼きりんご”みたいなビバレッジ、できました

スターバックス コーヒーの各店で、ホリデーシーズン限定ビバレッジの第3弾「ホット ベイクド アップル」と「ベイクド アップル フラペチーノ」が12月1日に発売される(一部の店舗をのぞく)。

いずれも“焼きりんご”の味わいをイメージしたドリンクメニュー。ジンジャーブレッドハウスに飾る“りんごのオーナメント”をモチーフに開発されたそう。飲むと、焼きりんごの特徴であるりんごの甘酸っぱさと、焦がしバター、ブラウンシュガーなどを煮詰めた奥行きのある味わいが口いっぱいに広がるとか。

・ホット ベイクド アップル
アメリカではクリスマスシーズンになると、温めたりんごジュースにスパイスを加えた“アップルサイダー”を楽しむ習慣があるそう。ホット ベイクド アップルはこれに着想を得、日本オリジナルで開発されたホットビバレッジ。

バリスタが1杯ずつ温めるオリジナルのアップルジュースベースに、たっぷりのベイクドアップルソースを加えて仕上げられる。まるで“焼きたての焼きりんご”を食べているかのような風味が楽しめるとか。価格はショートサイズ420円から(税別、以下同じ)。

・ベイクド アップル フラペチーノ
一方ベイクド アップル フラペチーノは、クリームベースのフローズンドリンクに、ベイクドアップルソースを混ぜ込んだもの。カラメル風味のりんご果肉が加えられている。

ストローを伝うひんやりとした口あたりと同時に、ベイクド ホット アップルとはひと味違うシャキシャキとしたりんごの食感が楽しめるそう。トールサイズのみ、価格は540円。

どちらも販売期間は12月25日まで。ただしなくなり次第終了となる。