ちらし寿司 イメージ
スカイツリーが“ちらし寿司”色に染まる?(写真はイメージ)

東京スカイツリーに、「和食」をテーマにした特別なライティングが11月20~24日の期間限定で点灯する。和食文化国民会議が提唱する“和食の日”に合わせて実施されるもの。キッコーマンの協力のもと、今年は「ちらし寿司」と「手巻き寿司」をイメージしたデザインを点灯する予定。

ちらし寿司は、酢飯の上に錦糸たまごを敷き、その上にブロック状に切り分けられたまぐろ、サーモン、アボカドといった色とりどりの具材を盛りつけ、最後にいくらをトッピングしたちらし寿司をイメージしたライティング。いくらは赤色の交点照明を点灯して表現する。また、消灯シーンでは、上から醤油をイメージした紫色の交点照明が降りてくるそうだ。

東京スカイツリーに「ちらし寿司」のライティング点灯
ちらし寿司

一方の手巻き寿司は、海苔に酢飯やまぐろ、玉子焼き、きゅうりといった具材をのせて手巻き寿司が巻きあげられていく様子を表現したライティング。こちらも消灯シーンでは、上から醤油をイメージした紫色の交点照明が降り注ぐ。

東京スカイツリーに「手巻き寿司」のライティング点灯
手巻き寿司

点灯時間は16時30分~22時。30分ごとに、手巻き寿司がつくられる様子をダイナミックな動きで表現したライティングが約2分間実施され、そのほかの時間帯にはちらし寿司のライティングが点灯される。

(c)TOKYO-SKYTREE