ながた茶店「【純生】大山(だいせん)抹茶ろ~る」
鳥取発、ながた茶店の「【純生】大山抹茶ろ~る」

今年で創業215年となる鳥取県発の老舗茶舗、「ながた茶店(ちゃみせ)」。ここの看板商品は、鳥取県産の抹茶をふんだんに使ったロールケーキ「【純生】大山(だいせん)抹茶ろ~る」です。

これは、鳥取県の大山で栽培された抹茶「大山の白」に加え、北海道産の大納言あずきや国産牛乳を使ってつくられる抹茶ロールケーキ。抹茶味のスフレ生地で、抹茶とあずきを合わせたなめらかなクリームを包んであります。

ながた茶店「【純生】大山(だいせん)抹茶ろ~る」
抹茶クリームには大粒あずきがごろごろ

ちなみに1本を6分にカットしたケーキひと切れ(厚さ約3センチ)に、お抹茶1杯分の「大山の白」が使われているとか!また、たっぷりの抹茶クリームを存分に味わえるよう、生地の割合はあえて少なくなるようにつくられているそうです。

ながた茶店「【純生】大山(だいせん)抹茶ろ~る」
クリームが主役の大山抹茶ろ~る

まず驚いたのが、スフレ生地の口どけの良さ!しっとりと水分を多く含んだ食感で、ひと噛みでクリームよりも先にすぅっと溶けてしまいます。

そしてこの生地にたっぷりと抱き留められた抹茶クリームは、ぽってり濃厚ながらも舌の上でほわっと溶け、ほろ苦い抹茶の風味を口いっぱいに広げます。ふっくら大納言あずきのほくほくとした甘みと食感がアクセント。

ながた茶店「【純生】大山(だいせん)抹茶ろ~る」
とにかく抹茶の風味が良い!

生地の天面にも抹茶が振りかけられていて、最初から最後まで「これでもか!」というほどに抹茶。上品な苦みとうまみが次のひと口を誘い、さらに口どけがすごく良いので、いくらでもぱくぱく食べられちゃいます。うっかりすると1本丸々ぺろりしそうになるので気を付けて!

大山抹茶ろ~るは同店の通販サイトでも販売されているほか、東京都内でも各地に催事出店しているそう。抹茶好きの方、見かけたらぜひ買って食べてみて!

価格は1本2,160円(税込、以下同じ)、ハーフサイズが1,080円、6分の1カットが1ピース378円とのことです。