スターバックス コーヒー「ミルクカスタードプリン」と「チョコレートプリン」
ミルクカスタードプリンとチョコレートプリン

スターバックス コーヒー各店で、「ミルクカスタードプリン」と「チョコレートプリン」が11月10日に発売された(一部の店舗をのぞく)。価格は各320円(税別)。

いずれも濃厚な味わいとしっかりとした食感、なめらかな舌ざわりにこだわり抜いて開発されたという新商品。日本限定で販売される。

ミルクカスタードプリンは、卵とクリームをたっぷりと使い、牛乳、砂糖で仕上げられたリッチな味わいのプリン。底にはほんのりビターなキャラメルソースが合わされている。

一方チョコレートプリンは、もっちりとした食感と、奥行きのあるチョコレートの風味が楽しめる一品。コーヒーとの相性を考えて開発されたというビターなオリジナルチョコレートに加え、底には食感の異なるチョコレートソースが合わされているそう。

なお、ホリデーシーズンは期間限定で“Starbucks Red Holiday Cups”のデザイン(3種)が施されたスペシャルカップで提供される。持ち帰ることもできるので、手土産やカジュアルギフトにもおすすめだとか。