手のひらピザの生地

ある日、都内のスーパーマーケットで「手のひらピザの生地」という商品を見つけました。価格は163円(税込)。

名前の通り、手のひらサイズのピザ生地。ピザソースと具材をのせてトーストすると、手のひらサイズのピザが作れるというものです。でもこれ、どこかで見たような…。

手のひらピザの生地
トースターで手軽に焼きたてピザが作れます

そう、餃子の皮に激似ですね。「餃子の皮でミニサイズのピザを作る」レシピも何かで見た記憶があります。

手のひらピザの生地と餃子の皮
餃子の皮に似てない?

今回購入した餃子の皮と比べると、価格、内容量、原材料、カロリーはほぼ同じでした。大きな違いは、ピザ生地の方は10枚、餃子の皮は20枚入りという点。ピザ生地の方が分厚くなっています。

手のひらピザの生地と餃子の皮
左が手のひらピザの生地。ちょっと厚い

せっかくなので、ピザ生地と餃子の皮の両方でミニピザを作って食べ比べてみることにしました。

手のひらピザの生地 VS 餃子の皮

パッケージの説明に従い、ピザソースと具材(今回はウインナー)、チーズをのせて生地に焼き目が付くまで(約5分)トースト。餃子の皮の方は4分程度で焼き目が付いたので先に取り出しました。

手のひらピザの生地と餃子の皮のピザ
同じトッピングをして、

手のひらピザの生地と餃子の皮のピザ
トースト!餃子の皮の方が早く焼き目がつきます

まずは手のひらピザの生地で作ったピザを試食。生地表面はパリッと香ばしく焼けており、噛むとモチモチ。トマトソースやチーズ、ウインナーの旨みを生地が包み込み、バランスの良い味わいです。

手のひらピザの生地のピザ
フチがふっくら膨らんでいます

まさにクリスピーなイタリア系ピザ。具材に凝れば本格的な味が楽しめそう。

次は餃子皮のピザ。こちらはパリパリとより香ばしく、スナックのような軽い食感です。

餃子の皮ので作ったピザ
ピザ生地のものより「ぺらっ」とした感じ

餃子の皮はピザ生地より薄いため、具材の主張が強め。皮自体の塩気も手伝って味が濃く感じられるので、食事というよりお酒のおつまみといった感じです。ソースやチーズは少なめでいいのかも。

やはり専用商品だけあって、手のひらピザの生地の方がより本格的なピザが味わえました。簡単に焼きたてピザが食べたいならピザの生地、ピザ風のおつまみを作るなら餃子の皮、と使い分けると良さそうです。