DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)
世界初?“ドリップスタイル”で味わうカレーメシ

日清食品の即席カレー『カレーメシ』の専門店「DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)」が、11月2日の午前10時、JR渋谷駅の山手線内回りホームにオープンします。ここでは、カレーメシにコーヒーや紅茶を1杯1杯ていねいにドリップして提供してくれます。…斬新すぎません?

DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)
渋谷駅に出現!斬新すぎる“ドリップカレーメシ”の専門店

そもそもカレーメシとは、お米とルウが混ざった状態で出来あがる“新ジャンル”のインスタントカレー。これまでは水を入れてレンジでチンする調理法だったのですが、発売3年目を迎える今年、お湯をかけるだけのより簡単な調理法に変わりました。

◆かつおだしやコーヒーを注ぐ

DRIP CURRYMESHI TOKYOで提供されるのは、お湯の代わりにコーヒーやかつお節、ジャスミン茶などを1杯ずつ丁寧にドリップしてつくられるカレーメシ。5分ほど経ったらスプーンでかき混ぜ、ルウを溶かしてからいただきます。

日清食品「カレーメシ」3種
カレーメシは全3種

カレーメシは全3種類。ドリップする食材は各5種類ずつ用意されていて、組み合わせは全部で15通りあります。

●カレーメシ ビーフ
唐辛子
ガーリック
ジャスミン茶
かつお節
コーヒー

●カレーメシ スパイシーチキン
唐辛子
ガーリック
ジャスミン茶
メープルシュガー
コーヒー

●カレーメシ シーフード
唐辛子
ガーリック
ジャスミン茶
かつお節
アップル紅茶

販売価格はいずれも290円(税込)です。

DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)
コーヒーのように、いろんな食材をドリップしてつくられます

試作段階では50種類以上もの食材を試し、カレーメシと合う組み合わせを探ったとか。ちなみにお店のおすすめは、「ビーフ×ガーリック」「シーフード×かつお節」「スパイシーチキン×メープルシュガー」の組み合わせだそうです。

◆かつお節ドリップカレーが激うま

えん食べ編集部もドリップカレーメシを食べてみました。

お店おすすめの組み合わせもおいしかったのですが、筆者が個人的に「これはウマい!」と思ったのが「ビーフ×かつお節」の組み合わせ。びっくりするほどおいしいので、ぜひ試してみてください!

カレーメシをかつお節でドリップ
かつお節を

カレーメシをかつお節でドリップ
ドリップして

カレーメシをかつお節でドリップ
完成!家でもやりたいぐらいおいしい

トマトの酸味やオニオンの甘みが詰まったコクのあるビーフカレーを、かつお節から煮出されただしの豊かな香りが包み込みます。ひと口目からかつおのうまみが口いっぱいに!例えるならおそば屋さんのカレー、といった風情でしょうか。

また、好みは分かれるかもしれませんが、「シーフード×アップル紅茶」もダークホースな感じで私は好きでした。口に含むと、ふわっと甘いアップルの香りが抜けていきます。これが意外にカレーと合う!世界のどこかには、こういう味のカレーを食べる国がありそう。ほんのり茶葉の苦みがカレーの味を引き締めて、なんとも不思議なおいしさです。

「ビーフ×コーヒー」や「スパイシーチキン×コーヒー」など、ドリップコーヒーでつくるカレーメシも看板メニューですので、ぜひ。モグモグ噛んでいるうちにしみ出してくるコーヒーのコクとほのかな苦みが隠し味的な役割を果たし、カレーの味に深みが増すのです。

DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)
1杯ずつ、丁寧にドリップ

どのドリップカレーメシも、お米ひと粒ひと粒にしっかりとだしやスープが染み込んで、噛めば噛むほど味わい深くなります。調理時間は5分ほどなので、時間がない朝やランチタイムにもサクッと食べてお腹を満たせそう。駅のホームからカレーのいい匂いが漂ってきたら、ふらりと吸い寄せられてみてはいかがでしょう?

営業時間は10時~22時。21時30分ラストオーダーです。