セブン&アイ「セブンゴールド 金の食パン」
フランス産バターと北海道産生クリームを配合

セブン&アイ「セブンゴールド 金の食パン」がリニューアル。全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループの店舗で10月18日より順次発売される。

今回のリニューアルでは、初めてフランス産発酵バターを使用。量もこれまでの1.5倍に増量し、よりコクのある味わいが楽しめるそう。

また、北海道産生クリームや上質な特等粉を配合した小麦粉、赤穂の天塩を合わせ、通常の食パンの約3倍(12時間)かけて「低温長時間熟成」することで、小麦の甘みを引き出し、キメの細かいしっとりとした食感に仕上げられているとか。

そのまま食べても口あたりが良く、トーストするとバターの豊かな香りと甘いミルクのような香りが引き立つそうだ。

価格は、厚切り2枚入り128円、1斤6枚入り256円(一部のエリアでは1斤5枚入り)、いずれも税込。

セブン&アイ「セブンゴールド 金の食パン」
さらに香り高く生まれ変わった金の食パン