お酒を飲む頻度に関する調査レポート

「飲みニケーション」という言葉、みなさんは肯定的・否定的どちらにとらえますか?

ワイン情報サイト「WineBazaar」から、20~69歳の男女6,638人を対象にした「お酒を飲む頻度」に関する調査レポートが発表されました。これによると「お酒をほとんど、またはまったく飲まない」という人は、全体の約4割いることが判明。中でも若い世代の男性において“酒離れ”の傾向が顕著に出ていました。

●「毎日飲む」人は2割

毎日飲む:20.7%
週に2~3回飲む:15.5%
週に1回程度飲む:9.9%
月に2~3回飲む:7.5%
月に1回程度飲む:7.5%
ほどんど飲まない:15.8%
まったく飲まない:23.1%

WineBazaar「あなたはお酒をどれくらいの頻度で飲みますか」

「あなたはお酒をどれくらいの頻度で飲みますか」という質問に対し、週に1回以上飲む人は全体の46%ほど。中でも「毎日飲む」という人がもっとも多く、20%以上いました。

逆に、ほとんど飲まない、またはまったく飲まないと答えた人が全体の約4割。これは果たして、「できることなら飲みに行きたくない」のか、「飲みに行くのはやぶさかではないが、機会がない」のか…。誘う側も、ちょっと考えちゃいますよね。

ちなみに男女別で見てみると、男性は週に1回以上飲む人が56%、女性は36.3%でした。

●20代男性の“酒離れ”が顕著?

年代別に見てみると、若年層ほどお酒を飲まない傾向があるようです。そして、シニア層ほど「毎日飲む」「週に2~3回飲む」人が多くなるという結果に。

WineBazaar「あなたはお酒をどれくらいの頻度で飲みますか」

さらに男女別のグラフを見ると、特に男性の年代別傾向が顕著。20代、30代、40代…と世代が上になるにつれて「毎日飲む」人の割合は増えていき、反対に「ほとんど飲まない」「まったく飲まない」人は20代がもっとも多く、約4割いることがわかります。

ちなみに女性はどの年代においても、お酒を飲まない人が4~5割ほどいるようです。

WineBazaar「お酒を飲む頻度」に関する調査レポート

つまりこのレポートによると、20代男性の2~3人にひとり、20代女性の約2人にひとりは“お酒NG”の可能性が。もちろんこのデータがすべてではありませんが、部下や後輩を誘うときには「飲めないのに無理強いされてる!」なんて思われないように配慮したいところですね。