「神田カレーグランプリ」の歴代優勝店が監修したレトルトカレー
歴代優勝店のカレーを、自宅でも!

「神田カレーグランプリ」の歴代優勝店が監修したレトルトカレー4品が、10月24日にエスビー食品から発売される。想定価格は各314円(税別)。

日本屈指の“カレー激戦区”である東京・神田で年に一度開催される「神田カレーグランプリ」。今回登場するレトルトカレーはそれぞれ、同グランプリで第1回(2011年)から第4回(2014年)までに優勝したカレー店が監修している。

第1回の優勝店「ボンディ」が監修したのは「欧風カレーボンディ チーズカレー お店の中辛」。同店の看板メニュー「チーズカレー」が商品化された。牛ほぐし肉とマッシュルームに、濃厚なチーズを加えて仕上げられている。

第2回の優勝店「マンダラ」が監修したのは「マンダラ サグチキンカレー お店の中辛」。女性客に人気だという「サグチキンカレー」が商品化された。具材の鶏肉に、ほうれん草とカシューナッツの甘みを合わせたコク深い味わいだそう。

第3回の優勝店「日乃屋カレー」が監修したのは「日乃屋カレー 和風ビーフカレー お店の中辛」。和風だしがベースの甘辛いビーフカレー。炒めた玉ねぎに、牛肉とフルーツのコク、甘みを加えたスパイシーな味わいだとか。

第4回の優勝店「100時間カレーB&R」が監修したのは「100時間カレーB&R 欧風ビーフカレー お店の中辛」。素材のうまみが凝縮された“本格”欧風カレー。全ての工程にこだわり、“100時間”以上かけてつくり上げたという味わいが再現されている。ソテー・ド・オニオンの甘みに、ビーフのコク、カカオマスの苦みを加えて濃厚に仕上げられている。

いずれも2017年2月末に出荷終了予定。