IVORY ゴッホとゴーギャン展を記念した特別コース
ゴッホとゴーギャンの生い立ちや作品をイメージ

東京都美術館で開催される「ゴッホとゴーギャン展」を記念し、館内にあるフレンチレストラン「IVORY(アイボリー)」で、同展にちなんだ特別コースが提供される。10月8日から12月18日までの期間限定。

19世紀末に活躍し、今もなお世界中で愛される2人の画家、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンをテーマにした「ゴッホとゴーギャン展」。今回IVORYでは、生まれや性格、絵画表現はまったく違いながらも、約2か月間の共同生活を送り、互いに刺激を与え合った2人の生い立ちや作品から着想を得た料理が、コース仕立てで提供される。

ゴッホの故郷になじみのある食材を使い、彼らが共同生活を送った南仏からイメージしたオレンジや、名物料理“ソッカ”を使ったメニューがラインナップ。また「収穫」などの作品から影響を受けたという、玉ねぎやお米のスープも登場する。前菜からデザートまで、ゴッホとゴーギャンを思わせるコースに仕上げられているとか。

コースの提供価格は、一人4,200円(税別)。展覧会の余韻に浸りながら、その味わいを楽しんでみてはいかがだろうか。

■ゴッホとゴーギャン展
東京展:10月8日~12月18日
愛知展:2017年1月3日~3月20日

■レストランIVORY
住所:東京都台東区上野公園8-36 東京都美術館1F
営業時間:11時~17時30分(展示期間の金曜は20時まで)
定休:第1・第3月曜日