かっぱ寿司「愛知はだか祭寿司」
かっぱ寿司が生まれ変わった!月ごとにユニークな創作寿司も
(写真は「愛知はだか祭寿司」)

回転寿司チェーン「かっぱ寿司」が10月1日、生まれ変わった。“新生かっぱ寿司”として、新たなメニューを展開する。

●月ごとに「特ネタ」「旬ネタ」

アイデアと遊び心あふれる“これまでにない”創作寿司「特ネタ」が、毎月提供される。第1弾となる10月の特ネタは「全国お祭り寿司」。日本各地の祭りをイメージした寿司が5品、ラインナップされている。

雪のステージと雪像をイメージした「さっぽろ雪まつり寿司」380円(税別、以下同じ)
大きな山車を表現した「青森ねぶた祭寿司」280円
カラフルな笹飾りをイメージした「仙台七夕まつり寿司」280円
長野御柱祭りの御柱そのものを表現した「長野御柱祭寿司」380円
神男に群がる参加者を表現した「愛知はだか祭寿司」280円

提供期間は10月31日まで。11月には第2弾が発売される予定。

かっぱ寿司 10月の特ネタ「全国お祭り寿司」
左上からさっぽろ雪まつり寿司、青森ねぶた祭寿司
仙台七夕まつり寿司、長野御柱祭寿司

また、“時の素材”を使った寿司「旬ネタ」も。10月31日までとなる第1弾は、「えび」や「かに」を中心に旬のネタが提供されている。

中でも目玉商品は、10月16日までの期間限定で提供されている「生本ずわい蟹」。生ならではの、とろけるような食感が楽しめるとか。さらに、肉厚でぷりぷりとした食感の頭肉付き特大海老「活〆特大えび」なども用意されている。

●ロゴも一新、“かっぱ”はいない

ロゴデザインも一新。これまでのアイコンだった“かっぱ”の姿はもうなく、赤と金、2色の皿が積み重なる絵柄に変更されている。

かっぱ寿司 新しくなったロゴ
もう“かっぱ”はいない

「お客様のいっぱいの笑顔と皿が積み上がって出来る皿のタワー」をモチーフに、赤い皿で“ネタの鮮度”を、金色の皿で“100円の1皿に掛ける想い”を表しているそうだ。