エビスフードホール外観
恵比寿にも“NYスタイル”のフードホールが登場

4つの店舗が1か所に集まる食空間「EBISU FOOD HALL(エビスフードホール)」が、9月22日、東京・恵比寿にオープンする。

出店店舗は、「自家焙煎コーヒー」「ベーカリー」「グルメサラダ」「バル」の4形態。117席のイートインスペースを備え、“New Food Hall of NY style”をコンセプトとする開放感あるデザインとなっているそう。

各店舗の概要は次のとおり。(表記価格は税別)

◆自家焙煎コーヒー

エビスフードホール、自家焙煎コーヒー
自家焙煎がポイント

「恵比寿ブレンド」(270円)など、店内の機械で焙煎した挽き立てのコーヒーが提供される。営業時間は7時~23時、テイクアウト可。

◆ベーカリー

エビスフードホール、ベーカリー
コーヒーとの買い合わせも

「パンドミ」(1斤420円)をはじめ、ハード系からスイーツ系まで、常時約30種が並ぶ。営業時間は8時~22時、テイクアウト可。

◆グルメサラダ

エビスフードホール、グルメサラダ
ランチにぴったり

彩り豊かなデリと「シグネチャーサラダ」のショップ。「デリ2品&シグネチャーサラダプレート」(980円)などが提供される。営業時間は10時~22時、テイクアウト可。

◆バル

エビスフードホール、バル
帰宅前に、気軽に1杯

生ハムの最高峰ともいわれる「ハモンイベリコベジョータ」や新鮮なカキなどを、リーズナブルなワイン(グラス390円~)とともに。営業時間は16時~23時。

エビスフードホール、内観イメージ
店内イメージ