「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のスイーツプレート」
最高ロマンチック

みなさま、本日9月12日は何の日かご存知でしょうか?実は、毛利衛さんが日本人で初めてスペースシャトルにのって宇宙へ旅立った日(1992年9月12日)にちなんだ「宇宙の日」なんです!

そんな宇宙の日にちなんで、六本木ヒルズ 森タワー52Fのミュージアムカフェ「THE SUN」では、もっか開催中の「宇宙と芸術展」とコラボレーションしたメニューが今日から提供されます。

宇宙と芸術展ポスター
宇宙好きに超オススメ!宇宙と芸術展

えん食べ編集部は宇宙メニューをひと足先に試食させてもらい、ロマンあふれる美しさとおいしさに悶絶してきました!その全貌をお伝えしますので、宇宙ファンはお見逃しなく!

◆ブラックホールかきあげ丼


ブラックホールのようにすべてを吸い込みそうな、漆黒の丼物メニュー。価格は1,280円(税込、以下同じ)。販売期間は2017年1月9日まで。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「ブラックホールかきあげ丼」
ばばーん!

竹炭を加えて炊き上げた黒いごはんに、玉ねぎやニンジン、魚介(ソフトシェルシュリンプ、えび、イカ、あさり)を合わせ、竹炭で色を付けたかき揚げがドドーンと豪快にのったかき揚げ丼。うずらの卵、金箔、銀シュガーがトッピングされていて、太陽や宇宙の星々を表現しています。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「ブラックホールかきあげ丼」
混沌とした宇宙を表現

一瞬ぎょっとするくらい真っ黒ですが、食べてみるとかき揚げはサクサクふわふわ、食感が良くてめちゃくちゃ美味!甘辛いタレともよく合っています。開発シェフも胸を張る自信作なんだそう。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「ブラックホールかきあげ丼」
ごはんも真っ黒

ちなみにこれ、同展に出展されている「うつろ舟」からインスピレーションを受けたメニュー。「うつろ舟」とは江戸時代後期、茨城県の海岸に漂着したとの伝説がある「美しい女性がのった、UFOによく似た舟」。宇宙ファンやUFOファンならご存知の方もいるんじゃないでしょうか。

なので器も「うつろ舟」を模したどんぶりで提供されます。ちなみにこのどんぶりは「宇宙と芸術展」のお土産ショップでも買えますので気に入ったらぜひ。

うつろ舟 どんぶり
うつろ舟 どんぶりは、

うつろ舟 どんぶり
全部食べきると

うつろ舟 どんぶり
底から美女が現れます

◆惑星と時空間のパフェ


宇宙空間をイメージした幻想的なパフェ。トールグラスで提供されます。価格は900円。販売期間は10月31日まで。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のパフェ」
なんて美しいの…

ソーダ味のゼリー、ブルーベリーソース、パンナコッタを重ねた上に2種のアイス(ティラミスアイスと柚子シャーベット)をのせ、ミカンやチョコチップ、銀シュガーがトッピングしてあります。あふれんばかりに盛られたアイスは惑星を、銀シュガーは銀河系を表現しているそう。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のパフェ」
ティラミスアイスは土星っぽい?

何層にも重ねられた深いブルー、白、紫…さらに銀シュガーがキラキラときらめき、まさに天の川のよう。あまりの美しさに、食べることも忘れてしばし見つめてしまいます。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のパフェ」
宇宙の深みへ…

ソーダゼリーやブルーベリーソース、ゆずシャーベットがさっぱりしているので、全体的に甘すぎずスッキリとしたあと味。食後のデザートとしても楽しめそうです。深く食べ進めれば進めるほど、宇宙の奥行きを感じさせてくれるデザートでした。

◆惑星と時空間のスイーツプレート


“宇宙ステーションから見る宇宙空間”を表現したスイーツプレート。価格は1,200円。惑星と時空間のパフェと入れ替わりで、11月1日から2017年1月9日まで提供されます。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のスイーツプレート」
宇宙ステーションから見るとこんな感じなんだ~

漆黒の宇宙のような黒いプレートの上に、惑星をイメージしたカシスムースやマカロン、ピスタチオアイス、隕石に見立てた焼きチョコレート、流れ星のようなチーズケーキが盛り合わされています。まるで一枚の絵画を眺めているよう。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のスイーツプレート」
カシスムースの青い惑星。地球…?

カラフルなマカロンは、4種類のフレーバー(カシス、ストロベリー、チェリー、フランボワーズ)の中から1つが提供されます。どの味に当たるかはお楽しみ!

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のスイーツプレート」
ベリーが散りばめてあります

ふわっと溶けて酸味とコクが広がる流れ星(チーズケーキ)、しゅわふわっと軽やかにとろける青い惑星(カシスムース)、さくっと香ばしい隕石(チョコ)は、それぞれ見た目の芸術性もさることながら味もハイレベル!美しすぎて食べるのがもったいないけれど、食べたらもっと幸せになれるので、ぜひ溶けないうちに味わって。

「宇宙と芸術展」コラボメニュー 「惑星と時空間のスイーツプレート」
焼きチョコの隕石っぽさがすごい

なお、コラボメニューを注文すると、同展オリジナルワッペンのコースターがもれなくもらえます。色はオレンジとブルーの2種類で、どちらになるかはお楽しみ!

「宇宙と芸術展」オリジナルワッペンのコースター
オレンジとブルーの2色

ふだん地球の外側を意識することってあんまりないと思うんですが、ぜひこの機会にコラボメニューを食べながら、ちょっと宇宙に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

東京タワーの眺め
レストランからは空もよく見えますしね!(写真はイメージ)