柿安ダイニング「安納芋と南瓜のモンブランポテサラ」
モンブラン…かと思いきや?

柿安ダイニングの東京、名古屋、大阪エリアを中心とする店舗で、ユニークな見た目の新商品「安納芋と南瓜のモンブランポテサラ」が9月1日に発売される。価格は1個400円(税込)。

これは、鹿児島県種子島産の安納芋を使った“安納芋ペースト”が主役のドルチェサラダ。まるでモンブランケーキのような見た目をしているが、秋に旬を迎える安納芋やかぼちゃ、栗をふんだんに使ったポテトサラダだ。

ケーキにも使われるクッキータルトを土台に、つぶしたじゃがいもとなめらかな安納芋ペーストを合わせたフィリングが重ねられている。さらに刻んだ栗を合わせ、食感にアクセントをつけているそう。また、はちみつを加えることで、ほんのり甘みも出しているとか。

周りはモンブランのマロンクリームのように、かぼちゃとさつまいもを混ぜたペーストを絞ってデコレーション。仕上げにカッテージチーズがトッピングされている。安納芋やかぼちゃの自然な甘みと、あと味にほのかな塩気が感じられるそう。生クリームなどを使っていないためカロリーも低めとのこと。

オーブンで温めれば、常温で食べるのとはまた違った“ホクホクのベイクドポテトサラダ”としても楽しめるそうだ。