バインミーバインミー「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」
パクチーもいいけど、今回ご紹介したいのはちょっとユニークなバインミー

ベトナムサンドイッチ“バインミー”のファストフード店「バインミーバインミー」が、渋谷の東急フードショー内に7月末よりオープンしています。

サンドイッチのメイン具材には「ポーク」「ビーフ」「チキン」に加え、「フィッシュ」や「マッシュルーム&ベジタブル」「ミートボール」も用意されています。この中から好きなものを選び、野菜やパクチーと一緒にバゲットに挟んでもらうのです。オーダースタイルはサブウェイのようなイメージ。

バインミーバインミー 店頭メニュー
店頭にあったメニュー

ちなみに注文の際、パクチーを2倍までなら無料で増量してくれるので店員さんに伝えてみて。また、辛くしてほしいときにもお願いすればフレッシュチリを入れてくれるみたいです。

今回えん食べ編集部は、スタンダードなベトナムサンドイッチ「ポーク」と、変わり種のスイーツ系サンドイッチ「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」を食べてみました!

◆スタンダードな「ポーク」


バゲットに、ベトナミーズチャーシュー(豚肉)、キュウリやにんじんのピクルス、オニオンスライス、濃厚なパテ、そしてたっぷりのパクチーがあふれんばかりにどっさり挟み込まれています。

バインミーバインミー「ポーク」
ベトナミーズチャーシュー入りの「ポーク」

パンは噛みごたえのあるややハードめな「キヌア&米粉入バゲット」。さっくりと口あたりよく、噛むほどモチモチします。ときどきキヌアがぷちぷちっと弾ける!

バインミーバインミー「ポーク」
お肉も野菜もたっぷり!

パクチーは一切しなしなになることなく、どこを食べてもパキッ!シャキッ!とフレッシュな歯ごたえ。豚肉は厚みがありながらもしっとりやわらかく、歯が当たるとほろっと崩れます。たまに脂身が甘くとろけるのも幸せ~。

バインミーバインミー「ポーク」
1本で相当お腹いっぱいになるボリューム

味付けの特製ソースは、けっこう本気で辛い!容赦なくスパイシーな本場の味です。ただ、ソースにははちみつも加えられているそうで、ほのかな甘さもあり。辛み、甘み、酸味が(やや辛みに寄りつつも)絶妙なバランスで三位一体となり、食べる手が止まらなくなります。

◆スイーツ系「チョコとチーズ」


続いて、いよいよ実力未知数の「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」をいただきます。“完全オリジナル”のデザートバインミーだそう。

バインミーバインミー「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」
甘いバインミーって初めて食べます

同じくキヌア&米粉入バゲットに、ベトナム産ビターチョコレートとバナナ、チーズをごろごろと挟み、シナモンとはちみつをトッピングしてあります。

バインミーバインミー「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」
粗く砕いたチョコがごつごつ入ってますね

かぶっとかじると…えっ、めちゃくちゃおいしい!

チーズはほぼ無味なんですが、カカオの風味が強いビターチョコ(しっかり苦め)に濃厚な乳のコクとまろやかさを加え、さらに、はちみつとシナモンがまるでお酒みたいなちょっと大人の香りを添えています。

バインミーバインミー「ベトナムチョコレートとチーズとバナナのバインミー」
想像していた以上にめちゃくちゃおいしい

また、ぽてっと入ったバナナに当たると、まるでとろけるチョコバナナトーストを食べているような感覚に。はちみつがバゲットに染み込んでしっとりしたところも、口どけが良くなっておいしい。うん、これ、すごくおいしい。確実にまた買いに行くと思います私。

なお、同店ではサンドイッチ以外にも、バゲットの代わりにキヌアと黒米入りのごはんや、「ブン」と呼ばれる細い米麺に具材を合わせて“ランチボックス風”にすることもできます。その日の気分やお好みでチョイスしてみて。