SENSY「AI利き酒師」接客イメージ
人工知能が“おすすめの1本”をセレクト

人工知能を活用したサービス「AI利き酒師」が、伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)の和酒売場に8月24日から導入される。

このサービスは、“感性を学習する”人工知能「SENSY」を利用。3本の日本酒を試飲し、感想をアプリケーションに入力すると、事前に用意された30種のなかから、ひとりひとりに最適な1本をセレクトしてくれるという。

SENSY「AI利き酒師」デモ画面集合
デモ画面

味覚は、人によって感じ方や“おいしい”の定義が違うなどの理由から、科学的なアプローチが難しいといわれている。そこで、SENSYがもつ「パーソナル感性分析」のアプローチを味覚に応用することで、ユーザーレビューから味覚をデジタル化する技術を開発したそうだ。開発元のカラフル・ボードと三菱食品が共同で展開しているプロジェクトの一環。

まずは日本酒からはじめ、9月14日にはワイン売場でも“人工知能による接客”が導入される予定とのこと。