THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
憧れの“ラピュタパン”にかぶりつけるのは、今だけ

六本木ヒルズ 森タワー52階にある“天空のレストラン”「Museum Cafe&Restaurant THE SUN&THE MOON」で、六本木ヒルズ展望台で開催中の「ジブリの大博覧会」を記念した限定メニューが提供されています。

ジブリ映画の世界観が表現されたメニュー、ジブリファンの端くれとして皆さまにその味をお伝えしたい!ということで、六本木ヒルズへ食べに行ってきました。中でもイチオシの“ジブリメニュー”5品をご紹介します!

◆編集部のイチオシメニュー5品!


1、目玉焼きトースト&肉団子のスープ

2枚のトーストにハムとチーズを挟み、ホワイトソース(ベシャメルソース)と目玉焼きをのせて焼き上げたクロックマダム。肉団子が2つ入ったトマト風味のスープがセットになっています。

THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
一番人気のメニューだそう

パズーとシータが食べていたあの“ラピュタパン”と、パズーが「肉団子2つ入れて!」と言っていたあのスープをイメージしたものと思われます。

サクッとトーストにかぶりつくと、ほのかに焦げ目のついた香ばしいソースとクリーミーなチーズ、ぷるぷるの半熟たまごが口の中でとろけます!

THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
たまごはつるんっ!とパズー風に食べても

パンとパンの間にはハムがどっさり。噛むほどにしっとりうまみと塩気が広がります。チーズとの相性も言わずもがな!

THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
なんて贅沢な朝食なの

肉団子スープは、玉ねぎやにんじんなどの野菜や、きのこもたっぷり。トマトの酸味がきりっと効いて、夏にぴったりの味わいです。

THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
野菜もたっぷり!肉団子のスープ

肉団子はフワッフワにやわらかく、噛むとほろほろ崩れます。軽いのでぱくぱく何個でもいけちゃいそう!パズー、私これ2個じゃ足りないよ…。

THE SUN&THE MOON「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」
フワッフワでとてもおいしかった

2、まっくろバーガー

トトロに登場する“まっくろくろすけ”みたいなハンバーガー。中濃ソースと竹炭で味と色を付けたメンチカツに、なすと水菜をのせ、竹炭で黒く色づけしたバンズで挟んであります。

THE SUN&THE MOON「まっくろバーガー」
お皿まで真っ黒!

ふわふわのバンズ、シャキシャキの水菜、しっとりとしたなす。ひと口かじるといろんな食感が迎えてくれます。そして、サクサク衣に包まれたメンチカツは分厚く、噛むと中から肉汁がじゅわっ!

THE SUN&THE MOON「まっくろバーガー」
見た目のインパクトに反して、昔ながらのやさしい味

黒さが過ぎるのでドキドキしますが、食べてみれば昔ながらのホッとする味なのでご安心を。甘辛い中濃ソースで味付けされた、家庭的なおいしさです。

3、ニシンとカボチャのパイ

ニシンとかぼちゃにブロッコリーとベーコンを加え、ホワイトソースとチーズを合わせてパイで包んだ一品。オリーブがトッピングされています。

魔女のキキが届けたパイを、「私このパイ嫌いなのよね」と言われてしまうシーンで胸を痛めた人も多いんじゃないでしょうか。そして「いったいどんな味なんだろう?」と興味を持った人も多いはず。

THE SUN&THE MOON「ニシンとカボチャのパイ」
その味は、果たして?

ちなみにこのメニューはキキが運んだときと同じように、カゴに入れて提供されます。

THE SUN&THE MOON「ニシンとカボチャのパイ」
スタッフさんがカゴに入れて届けてくれる

食べてみると、めちゃくちゃおいしいじゃありませんか…!さっくりと香ばしいパイはバターの風味豊かで、甘みも濃厚。しっとりとした口どけも上品です。

THE SUN&THE MOON「ニシンとカボチャのパイ」
サクサクしっとりとしたパイ

中に包まれたニシンはしっとり、かぼちゃはホックホクで、それぞれのうまみと甘みが見事に調和!まろやかなソースとチーズで、コク深さもさらに倍増です。嫌いどころか、“また作って欲しくなる”ほどおいしい!

THE SUN&THE MOON「ニシンとカボチャのパイ」
でも一番の調味料は、お孫さんへの愛情かな

ちなみにニシンとカボチャのパイは1日50食限定のため、大体いつもお昼の12時過ぎには売り切れてしまうそう。食べたい方はぜひ午前中から足を運んで!

4、抹茶の雨傘かき氷

抹茶のかき氷に、かのこ豆とみかんをトッピングしたもの。“雨傘”と“笹の葉”が飾られています。このずんぐりとした愛らしいシルエット…あなた、もしかして……?

THE SUN&THE MOON「抹茶の雨傘かき氷」
だんだん“へんないきもの”に見えてきませんか?

抹茶ソースは甘さ控えめでほろ苦く、全体として大人な味の仕上がり。お豆もほっくり素朴な甘さです。サクサクと厚みのある氷を、たっぷりの抹茶ソースに浸して食べて。お豆とみかんも一緒にほお張ると、あんみつを食べているみたいにリッチな味が楽しめます。

THE SUN&THE MOON「抹茶の雨傘かき氷」
お豆はどんぐりをイメージしているのかな?

5、天空のかき氷

レモンとメロン、2種類のシロップで味付けされたかき氷。耳をすませば「パチパチパチ…」と聞こえてくるほど元気に弾けるキャンディーと、まるで“飛行石”のように輝くゼリーをコロンとのせてあります。

THE SUN&THE MOON「天空のかき氷」
2色のグラデーションもきれい!

透明の器も素敵。まるでかき氷全体が、ラピュタ王国のようです。

THE SUN&THE MOON「天空のかき氷」
宙に浮きそう

ジューシーなかき氷は、レモンとメロンが混ざり合ったところを食べるのが最高に幸せ!甘さとすっぱさが絶妙なバランスで、火照った体にひんやり染み込んでいきます。

思わず「バルス!」と叫びたくなるほど美しいブルーのゼリーは、ブルーキュラソー(リキュール)で色をつけているそう。飛行石を思いながら口に含むと、ぽよんぽよんの弾力に拍子抜け(そりゃそうか…)。噛むともっちり、さわやかな甘さが広がります。

THE SUN&THE MOON「天空のかき氷」
なんてきれいな色

途中までかき氷を食べ進めると…なんと、中からもうひとつのゼリーがごろっと出てきました!これってもしや、ラピュタの中枢にあるあの巨大な飛行石じゃないの…!?

THE SUN&THE MOON「天空のかき氷」
あまりの芸の細かさに、食べる人の心も浮かぶ

ほかにも、「飛行機乗りのナポリタン&赤ワインと共に」(1,480円)や「天空のクリームソーダ」(700円)など、ジブリ作品を彷彿させるメニューがラインナップ。いずれも9月11日までの期間限定ですので、ぜひ映画に想いを馳せながら、ロマンあふれるメニューを味わってみてはいかがでしょうか。

なお、常に行列の絶えない同店ですが、夜なら比較的待ち時間が短いかもしれません。ただし数量限定のメニューはなくなっている可能性がありますので、体力と気力と一緒に行くお友達と相談して決めてくださいね。

Museum Cafe&Restaurant THE SUN&THE MOON
あのキャラクターたちも待っています