やよい軒 ミックスとじ定食

名物の陰の“ひそかな名品”を紹介する連載。25品目は、定食屋やよい軒の「ミックスとじ定食」。

やよい軒といえば、セルフでご飯のおかわり自由が印象的な定食屋。ただし丼物はご飯がおかわりできないので注意。知らずに注文し、あとで悔しい思いをした人も多いだろう。

今回紹介するミックスとじ定食は、ロースカツ、エビフライ、牛肉の3種をタマゴでとじた、夢のような定食。価格は780円で、ご飯、みそ汁、小鉢付。もちろんご飯のおかわりも自由だ。

やよい軒ミックスとじ定食
これがミックスとじ定食だ!

基本的にはカツ煮だと思ってもらっていい。甘みが強めのダシを合わせたトロトロのタマゴで、トンカツ1/2枚とエビフライ1本、牛肉数枚がとじられている。

衣でダシをたっぷり吸い込んだトンカツ。噛むと衣からダシがジュワっとしみ出し、肉の旨みと絡み合う。サクサク衣とは違った魅力的な味わいだ。

やよい軒 ミックスとじ定食
ダシの染みたジューシーな衣

エビフライも負けていない。カツに比べ、タマゴとじになる機会は少ないと思われるが、ふにゃっとした衣からプリッとしたエビが出てくる食感の意外性がたまらない。

やよい軒 ミックスとじ定食
小ぶりながらプリプリで食べ応えあり

そしてすき焼き風の味わいの牛肉。甘辛いダシがしっかりしみてはいるものの、3者の中ではさっぱりとした存在。カツの合間に食べて変化をつけるといいだろう。

すき焼き風の牛肉
とじタマゴとの相性はピカイチ

全体がタマゴとダシでジューシーなため、ご飯がつかえずよく進む。おかわり自由との親和性も高い。

なによりこの3品が一度に食べられるというお得感。これらをひとつのメニューとして成立させる“とじ”という調理法、そしてやよい軒のメニュー開発に感謝せずにいられない。

余談となるが、各テーブルには漬物鉢が設置されており、この中の白菜にゴマを和えた漬物も食べ放題となる。

やよい軒テーブルの漬物
食べ放題の漬物

パリパリとした食感とほどよいしょっぱさがクセになり、これまたご飯が進む一品。やよい軒に行った際は忘れず食べてほしい。

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る