GOTSUBO(ゴツボ) 「トウモロコシの冷たいラーメン」
絶対に後悔しないラーメンが、ここにはある

ラーメンといえば“こってり系”を思い浮かべる人も多いかもしれません。が!脂まみれじゃなくても感動に震えるほどおいしいラーメンはあるんです!!

東京・新宿御苑エリアにある“5坪”のラーメン店「麺や庄の gotsubo(ゴツボ)」。ある日ふらっと入って食べたラーメンがあまりにおいしすぎたため、思わず取材させてくださいとお願いしちゃいました。それが今回ご紹介する「トウモロコシの冷たいラーメン」です。

麺や庄の GOTSUBO(ゴツボ)
食べログで星3.6以上を獲得し、TOP5000にも選ばれている人気店(記事執筆時点)

◆トウモロコシの冷たいラーメン

夏限定で提供されている、トウモロコシの冷たいラーメン(890円)。中太でもちもちとした“平打ち手もみ麺”にトウモロコシを使った自家製スープを合わせ、鶏肉のチャーシュー、メンマ、マーシュ(ハーブの一種)、刻んだ紅芯大根、そしてカットした焼きトウモロコシをのせてあります。

GOTSUBO(ゴツボ) 「トウモロコシの冷たいラーメン」
色とりどりのトッピング

最後に少しの太白ごま油をかけ、パセリとブラックペッパーをトッピングして仕上げられます。

ちなみに太白ごま油を入れる理由は、トウモロコシのスープだけだとさっぱりしすぎてしまうからだそう。ごま油をかけることで、コクとまろみが加わるんです(ラーメンといえば油分は欠かせませんしね!)。これによりスープが麺にしっかり絡み、するするとなめらかに口に入ってきます。

GOTSUBO(ゴツボ) 「トウモロコシの冷たいラーメン」
モチモチのちぢれ麺にスープがよく絡む

また、チャーシューの上には、まるで大根おろしのように細かく刻んだ生のホワイトトウモロコシがちょこん。スープに溶かせばさらにトウモロコシ感がアップするという「追いトウモロコシ」用の“薬味”です。

GOTSUBO(ゴツボ)「トウモロコシの冷たいラーメン」
ちょこちょこ溶かしながら食べて

◆スープがめちゃウマ!

スープは、鶏・ショウガ・魚介のスープとトロトロに濾したトウモロコシを合わせ、濃厚な大豆クリームを加えて仕上げてあります。これがめっちゃめちゃおいしいんです!

GOTSUBO(ゴツボ)「トウモロコシの冷たいラーメン」
このスープだけでも毎朝飲みたい

口に含んだ瞬間、トウモロコシがもつ自然由来のやさしい甘みが広がります。ここにほのかな塩味がきいて絶妙なあんばいに。動物性の油脂が少ないためか、コクがあるのにさっぱりしています。麺に絡めてズズッとすすると、まるで夏の風のようにさわやかなトウモロコシの香りが鼻から抜けていきます。

◆“鶏”のチャーシューが絶品

スープもさることながら、チャーシューも一押し。このチャーシュー、鶏肉なんです。同店ではこのメニューにしか使われていないのだとか。

まずひと晩かけて鶏肉に下味を付け、袋に入れて「真空状態」に。このまま低温でじっくり火を通すことで、水分と油分のうまみを逃がさず、やわらかなチャーシューに仕上がるんだそうです。

GOTSUBO(ゴツボ) 「トウモロコシの冷たいラーメン」
しっとりとろける口どけ

ハムのように、しっとり上品な口あたり。噛むとサクッと歯切れよく、閉じ込められていたうまみがじゅわっとあふれ出します。

◆1日20食限定

つくっている店長さんご本人も「食べるたびに感動がある、幸せを感じる味」と太鼓判を押すトウモロコシの冷たいラーメン。本当に、何度食べても飽きないんですって(私は2回食べました)。

ランチとディナーで、各10食ずつの限定販売。トウモロコシの入荷状況にもよりますが、現時点では8月いっぱいまでの販売予定とのことです。毎日必ず完売するという人気メニューですので、食べ逃さないためには、ちょっと早めの時間帯を狙うのが吉かと。

GOTSUBO(ゴツボ) 「トウモロコシの冷たいラーメン」
午前中がおすすめです

また、あわせて、トウモロコシの冷たいラーメンにスライスしたトリュフをたっぷり散らした1杯「サマートリュフとトウモロコシの冷たいラーメン」(1,500円)も提供中。ちょっぴり贅沢したい日にいかがでしょうか。

GOTSUBO(ゴツボ) 「サマートリュフとトウモロコシの冷たいラーメン」
こちらも昼・夜各10食限定

今回ご紹介したラーメンもそうですが、ゴツボのメニューはすべて、男性はもちろん女性や、普段ラーメンを食べないという人にこそ食べてみて欲しいと個人的に思います。きっと後悔はしないはず!

代表メニューには、ディナータイムに提供されている「ベジつけめん」(野菜たっぷりのつけ麺)や、牡蠣のだしを使ったスープとイベリコ豚のチャーシューを組み合わせたラーメンなどがありますので、まずはここから攻めても良いかと!何度足を運んでも楽しめると思いますよ。

GOTSUBO(ゴツボ) 店主の背中
店長さんはいつも一人なので、

GOTSUBO(ゴツボ) 店主の背中
この背中のメッセージ、読んであげてください