ベルサール秋葉原で「缶詰・びん詰・レトルト食品フェスティバル2016」
缶詰を使った“ちょっと豪華な”アレンジレシピも紹介

9月1日は「防災の日」。これに向けて8月28日、東京・秋葉原で「缶詰・びん詰・レトルト食品フェスティバル2016」が開催される。入場無料。

これは、日本缶詰びん詰レトルト食品が主催するイベント。メインとなるのは「缶詰・びん詰・レトルト食品を使った週末のレシピコンテスト」。“簡単だけどちょっと豪華に!”をテーマに考案されたレシピの中から、来場者の投票によって最優秀レシピを決定するというものだ。当日はレシピ考案者が会場で実際に調理し、来場者は無料で試食できる。

ベルサール秋葉原で「缶詰・びん詰・レトルト食品フェスティバル2016」
エントリーレシピ
左:和食部門「やきとり&いか缶で和風パエリア」(ゆうかさん)
右:洋食部門「ある暇な休日」(あいこさん)

ベルサール秋葉原で「缶詰・びん詰・レトルト食品フェスティバル2016」
左:中華部門「ピリッと辛い麻婆なお味の鶏のから揚げ」(yukoさん)
右:創作部門「レンジで簡単♪サバ味噌煮缶deテリーヌ」(TOMO(柴犬プリン)さん)

また、“缶詰博士”こと黒川勇人氏の解説によるステージイベント「黒川勇人の缶詰、びん詰、レトルト食品 キになるゼミナール」も開催。メーカーの担当者とともに最新の“缶詰情報”が紹介される。

このほか、オリジナル缶詰を制作するワークショップや、神田消防署による防災体験なども予定されているそうだ。

会場所在地は、東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル ベルサール秋葉原1F HALL。イベント開催時間は11時~16時30分。