ビストロ・マルクスのブリオッシュ
“特別なブリオッシュ”が日本初上陸!

フランス・パリの2つ星レストランの総料理長 ティエリー・マルクス氏が監修するビストロ&スカイバー・ブーランジェリー「BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)」と、フレンチレストラン「THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)」が9月24日、東京・銀座に誕生する複合商業施設「GINZA PLACE」にオープンする。

ビストロ・マルクスでは、たっぷりのバターを使ったパン“ブリオッシュ”を使った料理など、こだわりのビストロ&カフェメニューを提供。夜はスカイバーとして、ビル7階からの夜景を眺めながら、季節のフルーツを使ったカクテルやシャンパンも楽しめる。

ビストロ・マルクス「マルクス・バーガー」「マルクス・フレンチトースト」
ブリオッシュを使ったハンバーガー(左)や、フレンチトースト(右)も

同店のブリオッシュは、北海道産小麦やコクと甘みが強い卵、フランス産発酵バター、生イーストを使用。生地とバターを層にして重ね、しっかりと寝かせることでエアリーに焼き上げられるそう。「外はカリッと、中はふわっと」とろける食感が楽しめるとか。

ビストロ・マルクスのブリオッシュ
素材と製法にこだわったブリオッシュ

また、ビストロに併設されるブーランジェリーでは、甘いものからワインやシャンパンに合う塩味のものまで、常時7種のパンやガトーが販売される予定。

ビストロ・マルクスのブリオッシュ
季節限定のフレーバーも展開予定(写真はイメージ)

一方、ティエリー・マルクスは、“2つ星シェフ”ならではの「クリエイティブで繊細な料理」を堪能できるフレンチレストラン。古くから受け継がれてきたフレンチ料理の伝統を守りながらも、新たな挑戦による革新を加えることで、独自の世界観を演出しているとか。

なお、ティエリー・マルクスのドレスコードとして、男性は上着または襟付きのシャツの着用がおすすめとのこと。

店舗所在地は、東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F。営業時間は、ビストロ・マルクスが10時30分~翌2時(23時以降はスカイバーとして営業)、ティエリー・マルクスが11時30分~15時、および17時30分~22時。