台湾カフェ「春水堂」
西日本に初上陸!

台湾カフェ・春水堂(チュンスイタン)が、西日本に初出店。9月16日、福岡の天神地下街にオープンする。

春水堂は、タピオカミルクティー発祥の店として人気を博している、台湾発のお茶カフェ。薫り高いお茶と、もちもちのタピオカのハーモニーが絶妙な看板メニュー「タピオカミルクティー」をはじめ、「鉄観音ラテ」や「愛玉ジャスミンレモンティー」など30種類以上のドリンクが用意されている。ドリンクのテイクアウト専用カウンターが設置されており、店内で待つことなく気軽に購入可能だ。

春水堂のドリンク
豊富なドリンク

オリジナルフードも多数ラインナップ。8種類の台湾ヌードルや、台湾スイーツの「豆花(トウファ)」など、食事やティータイムにぴったりのメニューが提供される。

春水堂「豆花(トウファ)」
具材たっぷりでおいしそう

店舗所在地は、福岡県福岡市中央区天神2丁目地下1号122(天神地下街西6番街)。営業時間は10時~20時。