SAKE COMPETITION 2016、各部門1位受賞瓶
SAKE COMPETITION 2016で1位に輝いた5本

日本最大級の日本酒コンペ「SAKE COMPETITION(サケコンペティション)」。7月末、2016年の結果が発表された。

このコンペは、一般の人でも購入できる市販酒のみを対象とし、銘柄を隠して審査される。2016年は5部門が設置され、全国から409蔵、1,460点以上の出品酒が集まった。

部門ごとの1~3位受賞銘柄は次のとおり。(各部門で重複しての出品はできない)

◆純米酒部門
1位「あたごのまつ 特別純米」(新澤醸造店/宮城県)
2位「廣戸川 特別純米」(松崎酒造店/福島県)
3位「華鳩 杜氏自ら育てた米で醸した特別純米」(榎酒造/広島県)

SAKE COMPETITION 2016純米部門受賞銘柄
純米酒部門

◆純米吟醸部門
1位「勝山 純米吟醸 献」(仙台伊澤家勝山酒造/宮城県)
2位「望bo:純米吟醸 瓶燗火入れ」(外池酒造店/栃木県)
3位「東洋美人 純米吟醸 50」(澄川酒造場/山口県)

SAKE COMPETITION 2016純米吟醸部門受賞銘柄
純米吟醸部門

◆純米大吟醸部門
1位「愛友 純米大吟醸」(愛友酒造/茨城県)
2位「司牡丹 槽掛け滴酒 純米大吟醸 原酒」(司牡丹酒造/高知県)
3位「会津中将 純米大吟醸 特醸酒」(鶴乃江酒造/福島県)

SAKE COMPETITION 2016純米大吟醸部門受賞銘柄
純米大吟醸部門

◆吟醸部門
1位「但馬 大吟醸」(此の友酒造/兵庫県)
2位「平成二十六年全国新酒鑑評会 白菊 金賞受賞 大吟醸原酒」(白菊酒造/茨城県)
3位「七賢 鑑評会出品酒 大吟醸」(山梨銘醸/山梨県)

SAKE COMPETITION 2016吟醸部門受賞銘柄
吟醸部門

◆Super Premium部門(新設)
特定名称酒に限らず、720mlで小売価格8,000円(税別)以上、1,800mlで1万5,000円(税別)以上の清酒。

1位「来福 超精米 純米大吟醸」(来福酒造/茨城県)
2位「作 大智 大吟醸 滴取り」(清水三郎商店/三重県)
3位「残響 Super7」(新澤醸造店/宮城県)

SAKE COMPETITION 2016 Super Premium部門受賞銘柄
Super Premium部門

主催した、はせがわ酒店の代表取締役社長・長谷川浩一さんは、次のようにコメントしている。

“最近は日本酒がブームになっているのですが、実はなかなか手に入らないような「幻のお酒」が人気です。SAKE COMPETITIONはそうではなく、いつものお食事や生活に合う「普段の美味しいお酒」を選んでいます。女性や若者など、もっと気軽にさらに美味しく「SAKE COMPETITION」を通して日本酒に興味を持って、手に取ってもらえたらと思います。”