資生堂パーラー「2016真夏のパフェフェア」第2弾
旬のフルーツが贅沢に

資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェで、「2016真夏のパフェフェア」第2弾が開催されている。期間は8月2日から8月31日まで。桃、マンゴー、いちじくのパフェが提供されている。

「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」は、ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェ。桃はその時に一番旬な産地のものが使用される。いちごソースがアクセントになっているそうだ。価格は1,890円(税込、以下同じ)。

「沖縄県産 キーツマンゴーのパフェ」は、繊維質が少なく、なめらかな食感のキーツマンゴーが贅沢に使われたパフェ。トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースが入った、真夏を感じる一品に仕上がっている。価格は2,580円。

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」は、旬のいちじくをフレッシュ、赤ワインのコンポート、ロゼワインのコンポートなど様々なタイプで味わえるパフェ。いちじくのシャーベット、フランボワーズ、赤スグリとともに盛り付けてある。価格は2,160円。

このほか、東京銀座資生堂ビル15(いちご)周年記念として、「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」も提供されている。価格は1,890円。