日本酒が立ち呑みできる「一風堂スタンド」
一風堂の新業態

日本酒が立ち呑みできる「一風堂スタンド」が、東京・浜松町に7月15日、オープン。ラーメンだけでなく、おいしい日本酒と酒がすすむおつまみを楽しめる。

お酒は、日本酒選びに“モダンとクラシックの法則”の新基準を提唱する福岡市の「博多住吉酒販本店」がセレクト。「松の司(滋賀)」、「東一(佐賀)」、「新政(秋田)」、「美田(福岡)」の個性異なる4種を一杯(90cc)500円(税込)で楽しめる。

お酒を盛り立てるおつまみには、福岡の豆腐店「豆藤」の豆腐や練りものに加え、「オリーブとピクルスの味噌漬け」や「ピリ辛きゅうり」などがラインナップ。ルミネエスト新宿店で大きな話題となった、糖質量を通常の博多細麺の半分に抑えられる「糖質ニブンノイチ麺」も用意されている。

店舗所在地は、東京都港区浜松町1-27-6 マストライフ大門・浜松町1階。