ベックスコーヒーショップ「夏鹿カレー」
“夏鹿”をカレーに

JR東日本が展開するエキナカショップで、夏向けのジビエメニュー2品が7月25日に発売される。いずれもなくなり次第終了。

このメニューは、6次産業化に向けたプロジェクトの一貫として、鳥獣被害対策で調達された鹿肉などを活用してつくられたもの。2011年から実施されており、今年で6年目。

「ベックスコーヒーショップ」では、春から夏にかけて長野県で捕獲された“夏鹿”を初めて使った「信州ジビエ 夏鹿カレー」が販売される。トマトと数種類のスパイスをきかせ、酸味と甘みを感じられる味わいに。長野県産の野沢菜も添えられる。単品価格は690円、8月31日まで。

また「ベッカーズ」には「房総ジビエ 猪肉のスパイシーピタポケット」が登場。千葉県の房総地域で捕獲されたイノシシの肉をダイスカットにし、野菜とともに真空低温で調理したフィリングと、レタスやチーズ、クスクスなどを入れて、ピタサンドに仕立ててある。ベッカーズでイノシシ肉が使われるのは初めて。単品価格は500円、9月30日まで。

ベッカーズの「猪肉のスパイシーピタポケット」
ベッカーズ「猪肉のスパイシーピタポケット」