洋菓子工房ぶどうの木「落雁ショコラ 金澤さんぽ」
ほっこり

石川県内に展開する洋菓子店「洋菓子工房ぶどうの木」で、猫が主役のストーリーをモチーフにしたお菓子「落雁(らくがん)ショコラ 金澤さんぽ」が7月10日に発売された。6枚入りで価格は594円(税込)。

これは、落雁のような「ほろり」とした口どけを楽しめる新食感のチョコレート。和三盆を忍ばせた、上品な甘さと繊細な口どけが楽しめるそう。

洋菓子工房ぶどうの木「落雁ショコラ 金澤さんぽ」
どれが何の形か、分かる?

チョコレートはそれぞれ、金沢がもつ“和”の要素をイメージさせる形にカットされている。コンセプトは「金沢生まれの“にゃんこ”がお気に入りの散歩コースをめぐる」というストーリー。「金澤にゃんこ」をはじめ、兼六園の「ことじ灯篭」や金沢駅の「鼓門(つづみもん)」といった金沢名所の形もある。

なお、フレーバーはいちご、抹茶、しろごまの3種。

洋菓子工房ぶどうの木「落雁ショコラ 金澤さんぽ」
ストーリーはこちら