ジェムズ神田外観と料理
ジェムズ神田をまるっとまとめました!

7月5日、人気“グルメビル”シリーズの第4弾として、GEMS KANDA(ジェムズ神田)がオープンしました。地下1階から地上8階まで、1フロアに1つ、計9店舗が出店しています。

えん食べでは、9つのお店を、おおよその予算で3つのジャンルに分けてご紹介します。人気店の新業態など、注目店が盛りだくさん!

ちょっぴりごちそう

8階「肉の匠 将泰庵
千葉県船橋市に本店を置く焼肉屋さん。“A5ランクのメス牛”を炭火焼肉や生でも楽しめます。でも、いまアツイのは「飲めるハンバーグ」。肉フェス出展時には大きな話題を呼びました。ランチだとお得に食べられます。

ジェムズ神田「将泰庵」のメニュー画像
左下「花咲きタン塩」、右下「肉寿司」

7階「赤坂うまや神田」
九州の食材を使った料理のお店。とんこつスープをつけて食べる「黒豚ばら肉 しゃぶしゃぶ鍋」(2900円)は、赤坂本店でも人気のオリジナルメニュー。また、三代目市川猿之助(現 二代目市川猿翁)さんがディレクションしていることもあり、歌舞伎の楽屋に届ける弁当をアレンジした定食「楽屋めし」(1,482円)も名物となっています。

ジェムズ神田「赤坂うまや神田」のメニュー画像
左下、右下ともに「黒豚しゃぶしゃぶ鍋」

5階「くずし鉄板 あばぐら」
「ココリコ」「ガブリ」など人気の肉料理店展開する会社の新業態。高品質の素材を“驚きのコストパフォーマンス”で提供する、鉄板焼きレストランです。ポイントは日本酒の品揃え。日替わりで常に15種類、0.6合で500円という均一価格で提供されます。

ジェムズ神田「くずし鉄板 あばぐら」の店内画像
焼き上がりを目の前で眺めながら

“いつも”と“ごちそう”の中間

6階「GARDENS」
生産者直送の三陸食材を、食材の持つ“ストーリーとともに味わう”お店。カキをはじめとするシーフードがたくさん並びます。魚を選んで、刺身、グリル、煮物、アクアパッツァなど、好きな方法で調理してもらう「1本売り」がユニーク。フォトジェニックなティラミスもあり、女子ウケ要素が満載です。

ジェムズ神田「GARDENS」メニュー画像
左下:店頭に並ぶ鮮魚、右下:ガーデンティラミス

3階「神田箸庵」
そばと日本酒のお店。料理をつまみながら飲み、シメに手打ちそばをすする――女性ひとりでも、そんな楽しみ方ができるのだとか。夏メニュー「鴨たたきと夏野菜のぶっかけ」(1,200円)は、もりもり野菜がのっていてカラフルな一品です。

入り口近くには電動の石臼があり、ごりごり、ごりごり、そばの実を引いています。「夜、臼を動かさずに店を閉めてしまうと、翌日、そばを打てません。そば粉がないので」(by店員さん)。“手打ちそば”を猛烈に体感した瞬間でした。

ジェムズ神田「箸庵」のメニュー画像
左下:手造り わらび餅、右下:鴨たたきと夏野菜のぶっかけ

気軽な普段づかいに

4階「Italian bar 2538(にこみや)神田店」
北千住の有名ビストロ「2538(煮込みや)」が手がけるイタリアンバール。看板メニューは、3日間かけて煮込んだ「牛ホホ肉の赤ワイン煮」(500円)。スプーンだけで崩して食べられるくらいほろほろの肉は、一度食べるとヤミツキに。

20種の組み合わせを楽しめる「自家製サングリア」にも注目。オリジナルのベースと10種のジュースをあわせ、赤または白ワインと“割って飲む”というユニークなスタイルです。ホッピーみたいなイメージでしょうか。

ジェムズ神田「2538」のメニュー画像
左下:20種類の自家製サングリア、右下:牛ホホ肉の赤ワイン煮

2階「JB神田」
目黒発の大人気店「大衆ビストロJill(ジル)」が、フレンチと和を融合させた“和ビストロ”としてオープン。フレンチのワザを使いつつ、和のテイストにアレンジした料理が中心だとか。メニューの多くはハーフサイズにも対応してもらえるそうなので、少人数のとき、とても助かります。

なお、エレベーターは使えないので、1階から階段で昇ることになります(車椅子などは対応してもらえます)。エレベーターホールは角打ちにする予定だとか。

ジェムズ神田「JB神田」のメニュー画像
左下:鴨むね肉のローストと先付け盛り合わせ、右下:エレベーターホール

1階「ワイン食堂八十郎 神田鍛冶町店」
都内を中心に展開されている「ワインバル 八十郎」の新店舗。自社輸入も含むワインが豊富に並びます。ボリュームたっぷりの料理も魅力。注文を受けてからスライスする生ハム、豪快な自家製ソーセージ、ローストビーフカルボナーラ(ランチ/なんとお肉は90g!)…ワインもリーズナブルなので、コスパよく楽しめるのでは。

ジェムズ神田「ワイン食堂八十郎 神田鍛冶町」のメニュー画像
左下:季節の果物のポップオーバー、右下:ローストビーフカルボナーラ

地下1階「新潟バル 醸造屋 ジェムズ店」
新潟市にある酒屋さん直営のお店だけあって、新潟のお酒がずらりと並びます。食材も新潟産が中心。甘酒を使ったデザートなんてものもあったり。GARDENS(6階)を“洋の魚介”とすると、こちらは“和の魚介”。気分にあわせて使い分けもできます。

ジェムズ神田「新潟バル 醸造屋 ジェムズ店」のメニュー画像
左下:オーシャンプレート、右下:日本酒が並ぶ冷蔵庫

気になるお店はありましたか? 訪れる方は、おいしい料理とお酒をめいっぱい楽しんでください!

最後に、補足情報として、「喫煙可否」をまとめておきます。また、週末は営業しないお店も多いので、公式サイト等での確認をおすすめします。

<喫煙可否>
完全禁煙:7階「赤坂うまや神田」、5階「くずし鉄板 あばぐら」、1階「ワイン食堂八十郎 神田鍛冶町」
ランチタイム禁煙:8階「肉の匠 将泰庵」、3階「神田箸庵」、2階「JB神田」、地下1階「新潟バル 醸造屋 ジェムズ店」
分煙&ランチタイム禁煙:6階「GARDENS」
終日分煙:4階「Italian bar 2538」