下北沢「茄子おやじ」の新作「アイボリーカレー」
あの茄子おやじに新メニューが

カレーの聖地ともいわれる東京・下北沢で、長年愛されているカレーの名店「茄子(なす)おやじ」。バンドマンや作家さん、俳優さんにもファンが多い人気店です。カレー好きなら1度は訪れたことがあるんじゃないでしょうか?

そんな茄子おやじで、開業以来の新メニューが26年ぶり(!)に登場したという情報を入手。えん食べ編集部のカレー好きを代表して、さっそく食べに行ってきました!

◆お店は下北沢駅南口から5分

茄子おやじは、下北沢駅の南口から5分ほど歩いた裏路地にあります。定食屋というよりは、女性ひとりでも入りやすい喫茶店のような雰囲気もあり。大きなお店ではありませんが趣があります。

下北沢の人気カレー店「茄子おやじ」
茄子おやじに到着!

下北沢のカレー店「茄子おやじ」の看板
看板がかわいい

めちゃくちゃかわいい看板も見どころのひとつです。

◆新作カレーはきのこだらけ

開業以来の新メニューとは、まいたけやしめじ、ブラウンマッシュルームを入れた「エボニーカレー」と、白まいたけや白いマッシュルームを使った「アイボリーカレー」の2種類(各940円、税込)。これまでにも、しめじを使った「きのこカレー」が提供され人気を博していましたが、今回は特にまいたけを多く使い、また違った食感を楽しめるカレーに仕上げられているそう。

ちなみにそれぞれのメニュー名は、ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーの名曲「Ebony and Ivory」から命名されたそうです。エボニーとアイボリー、きのこの色にちなんでいるのかな。

茄子おやじの看板
さすがはカレーとコーヒーと音楽のお店!(写真は入口看板の裏側)

エボニーカレーは、肉や野菜のうまみがたっぷり溶け込んだルウに、まいたけとしめじ、ブラウンマッシュルームをどっさり合わせて煮込んだもの。お花型のニンジンとカイワレ、ニンニクチップがトッピングされています。

茄子おやじの新作「エボニーカレー」
まいたけやしめじ、マッシュルームがたっぷりのエボニーカレー

一方のアイボリーカレーは、白まいたけ、しめじ、マッシュルームをたっぷり入れたもの。お花形のニンジンとカイワレ、ピンクペッパーがトッピングされ、見た目に彩りを添えています。

茄子おやじの新作「アイボリーカレー」
白まいたけ、しめじ、マッシュルームたっぷりのアイボリーカレー

食べてみると、どちらも口へ運んだ瞬間の“きのこ感”がすごい!しっかりスパイスが効いたカレーに、きのこの味が負けていません。ふわっと鼻から抜ける芳醇な香り、そして、どこを食べても当たるきのこの食感。まいたけはシャッキシャキ、しめじやマッシュルームはプリップリです。噛むほどにしみ出すきのこのうま味で、コクのあるカレーがさらに奥行きのある味わいに!

茄子おやじの新作カレー
これはきのこ好きにはたまらないかと

エボニーカレーとアイボリーカレーは7月4日~8月31日の期間限定メニュー。なお、この期間は通常の「きのこカレー」は封印されるそうです。いつもきのこカレーを食べている人は、せっかくなのでこの機会に味比べしてみてはいかがでしょうか?