ロッテ「小彩ちゃん日本8紀行シリーズ」
どの小彩ちゃんも可愛い!

ロッテから、「小梅」キャンディの従姉妹シリーズ「小彩(こあや)」のご当地限定商品「小彩ちゃん日本8紀行シリーズ」が、7月5日に発売される。想定価格は各200円(税別)。

これは、全国8地域の特産品が使われたキャンディ。全国のロッテ営業社員のアイデアをもとに商品化された。フレーバーだけでなく、パッケージの背景写真や小彩ちゃんの着物の柄までこだわっているそう。

ロッテ「小彩ちゃん日本8紀行シリーズ」
8地域の特産品使用

北海道は、爽やかな味わいの「はちみつ&ヨーグルト味」。パッケージは、はちみつの黄色を基調に、ラベンダー畑がデザインされている。

東北は、山形県産佐藤錦が使用された「初恋さくらんぼ味」。パッケージは、さくらんぼの赤とピンクを基調に、花笠音頭風の衣装と蔵王の山並みがデザインされている。

北関東・信越は、長野県産巨峰が使用された「ぶどうソーダ味」。パッケージは、ぶどうのむらさきを基調に、南アルプスの山並みがデザインされている。

南関東・山梨は、山梨県産桃にヨーグルトを合わせた「桃色の片想い味」。パッケージは、桃色を基調に、東京の夜景がデザインされている。

東海・北陸は、静岡と愛知県産メロンが使用された「メロン味」。パッケージは、メロンのグリーンを基調に、名古屋城がデザインされている。

関西は、大人の味わいの「抹茶黒みつ味」。パッケージは、宇治抹茶の深緑を基調に、舞妓さんをイメージした小彩の衣装と、祇園の町並みがデザインされている。

中国・四国は、酸味が強く独特な香りの高知県産ゆずが使用された「はちみつゆず味」。パッケージは、ゆずの黄色を基調に、瀬戸大橋がデザインされている。

九州・沖縄は、甘味が強い佐賀県産さがほのかが使用された「いちごヨーグルト味」。パッケージは、いちごの赤色を基調に、阿蘇山がデザインされている。