ローソン「ピュアチーズタルト」を製造している花畑牧場の工場にて、焼きたてのチーズタルト

注目スイーツ「チーズタルト」。専門店も各地に出店し、コンビニ各社でも続々と発売されています。6月末には、ローソンからもオリジナルブランドのチーズタルトが発売されました。

「ピュアチーズタルト」(税込158円)は、3種のチーズを使ったフィリングを、薄焼きタルト生地に入れて焼き上げたもの。通常はエリアごとの工場でつくられるところ、今回は、すべて北海道の1つの工場で製造されるそう。

全店舗(約1万2,000店)で1日5個売れるとすると、たった1日で6万個の商品が必要ということに。それだけをまかなうなんて、さぞかしスゴイ設備が導入されているに違いない! ワクワクしながら、北海道は帯広市にある工場を特別に見学させてもらいました。

なんてったって、スイーツ王国帯広。期待が高まります!

ローソン「ピュアチーズタルト」を製造している花畑牧場の工場で撮影したパッケージ写真
どんより曇り空だけど空気はおいしいぞ、帯広!

工場はフル稼働していた!

製造は、田中義剛社長率いる花畑牧場が手がけています。発売を目前に控えた6月中旬、いざ潜入すると…想像以上に、狭い

すれ違うのでいっぱいいっぱいな空間に数々の機械が並び、たくさんのスタッフが手を動かしています。めちゃくちゃ忙しい町のケーキ屋さんのキッチンみたい(想像ですが)。

花畑牧場十勝第一工場内で、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
大きな機械が少ない!?

工程は、大まかに、(1)チーズフィリングとタルト生地をつくる、(2)タルト生地にフィリングをつめる、(3)焼き上げる、(4)包装する、となっています。手づくりに近い工程も多く、かなりの人手がかかっているのだとか。

(1)フィリングと生地をつくる

まずは、3種のチーズに卵などを入れて混ぜたら、ていねいにこしてダマをとりのぞき、チーズフィリングをつくります。

原材料のチーズのうち、クリームチーズとカマンベールチーズは、花畑牧場が化学添加物を使わずにつくったもの。これにオランダ産ゴーダチーズを少し加え、コクを出しています。

花畑牧場十勝第1工場内、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
ミキサー1台あたり、ひとりずつスタッフが

花畑牧場十勝第一工場、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
チーズに卵を加えて、

花畑牧場十勝第一工場、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
ざるで裏ごし。地道な作業です。

一方のタルト生地は、北海道産小麦粉と同砂糖(ビートグラニュー糖)、卵、今回のために作られた無添加マーガリンのみが原材料という、とてもシンプルなつくり。

材料を混ぜたら機械で適量にカットしてタルト型に入れ、特別な機械で成型します。厚さは約2mm。生地のぼそぼそとした食感がチーズの味わいを邪魔せず、かつちゃんと形を維持できるギリギリの薄さなのだとか。

花畑牧場十勝第一工場、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
このタルトのために導入された機械だそう

花畑牧場十勝第一工場、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
2mm!

(2)フィリングをつめる

生地をしいたタルト型に、チーズフィリングを注入します。この時点ですでに、おいしそう。

花畑牧場十勝第一工場、ローソン「ピュアチーズタルト」をつくるようす
ガシャン、ガシャン