BASE6で提供されている熊本産「あきげしき」
熊本産の米「あきげしき」のご飯(出典:ヤフー公式Twitter)

Yahoo! JAPAN 東京本社の“業績連動型”社員食堂「BASE6」で、熊本産の米「あきげしき」が7月29日まで提供されている。

これは、地震の影響で取引が中止となり、大量に余っているという熊本産の米を消費するための取り組み。ヤフー社員が実際に被災地入りしてこの課題を発見し、「少しでも復興の力になれれば」との思いから仕入れることとなったそう。7月末までの営業で、約1,700kg(約30俵)の米を消費できる予定とのこと。


日本穀物検定協会によると、あきげしきは中形の粒でやや大きく、やや濃飴色、光沢が良い。九州中部の中山間地帯、特に熊本県の阿蘇周辺で盛んに栽培されている。

なお、BASE6では過去にも、東日本大地震の復興支援を目的に東北の米「たかたのゆめ」や魚、果物をランチに提供するなどしていた。