重なったティラミス風ブリトー

ギョウザ、春巻き、シュウマイなど穀物からできた皮で具を包む食べ物ってたくさんありますよね。メキシコ料理“ブリトー”もその一つ。小麦粉で作られる薄焼きパン“トルティーヤ”で、具材を包んで食べる料理です。日本でもコンビニエンスストアなどで手軽に買えるので、ご存知の方も多いはず。

包まれている具材は、ソーセージやチーズ、トマトなど食事系のものがほとんど。スイーツ系のブリトーもあったらいいのに…。そこで今回はティラミス風ブリトーを作ってみました。

作り方は、えん食べのYouTubeチャンネルでも紹介しています。


材料(5個分)

トルティーヤ 5枚
マスカルポーネチーズ 100g
オレオ 9枚
カフェラテ 80ml

ティラミス風ブリトーの材料
マスカルポーネがなければクリームチーズでも

作り方

1.ボウルにマスカルポーネチーズ、オレオ、カフェラテを入れて、混ぜ合わせる

ティラミス風ブリトーの材料を混ぜる工程
オレオの形がぎりぎり残ってるくらいがベスト

2.トルティーヤをレンジやトースターで温めておく
3.トルティーヤの手前部分に混ぜた具をのせ、両サイドを折り返す

トルティーヤの両側を巻く工程
両サイドを折り返して

4.奥に向かってくるくると巻いていく

トルティーヤを巻く工程
くるくる巻いていく

5.形を整えて完成

完成したティラミス風ブリトー
出来上がり!

本当にティラミスっぽくなってる?

濃厚なマスカルポーネチーズとオレオの甘さに、カフェラテのほのかな苦みが加わった上品な味わい。混ぜただけとは思えない本格的なティラミス風スイーツに仕上がっています。

手に持ったティラミス風ブリトーの半分

トルティーヤが粉ものなので、思ったよりも食べごたえあり。トルティーヤがもちもち、砕けたオレオがサクッ、マスカルポーネチーズがとろんとしていて様々な食感が楽しめます。

ワンハンドでパクパク食べられる!

材料を混ぜて包むだけの簡単ティラミス風ブリトー。トルティーヤに具をのせすぎると、包む時にわきからはみだしてしまうので、ちょっと少ないかな、と感じるくらいの量をのせることがポイントです。ワンハンドで手軽に食べられるので、保冷剤と一緒にレジャーに持っていくのもよさそう。今回はより簡単なレシピにするため、市販のトルティーヤを使用しましたが、生地から作ってみるのも楽しいかもしれません。

重なったティラミス風ブリトー
レジャーのおやつにも!