麺屋武蔵20周年記念「金乃武蔵」鯨ら~麺
また、ヤバイ1杯に出会ってしまった

人気ラーメン店、麺屋武蔵の20周年記念企画「金乃武蔵」。各店舗持ち回りで1年かけて特別メニューが提供されるもので、第5弾として「鯨ら~麺(クジララーメン)」が、5月26日から麺屋武蔵武骨外伝(東京・渋谷)で販売されます。

…と、これを見て、「クジラだやったー!」とテンションのあがる人は、割と少数派だと思います。むしろ、臭そうとか、そもそも食べたことないとか、そんな人の方が多いのでは。

実は筆者(お嬢)もあまり得意ではありません(取材時は秘密にしていましたが…)。どうもあの独特の鉄のようなにおいが苦手で。

でも、試食して一番感動したのは「刺身」でした。それも、おいしすぎて麺の存在を忘れるくらいに。

史上最高の“クジラの刺身”

麺からどんとはみ出して、器に鎮座する刺身。「尾の身(おのみ)」といい、希少かつ高価な霜降りの部位です。マグロでは大トロに当たるそうで、刺身で提供されることが多く、食通をうならせる一品なのだとか。

それにしても、このびろんと平べったい状態ではまず見かけないでしょう。この一切れで約80g。なんて贅沢なんだ!

麺屋武蔵20周年記念「金乃武蔵」鯨ら~麺
でかい。長い。
特別に、この形に切ってもらっているそうです。

口に含んだとたん、感動の嵐が止まりません。アブラがあま~くとろけて、口いっぱいに広がる極上のうまみ。臭みは全く気にならず、クジラってこんなにおいしかったっけ!? と、驚いたのなんの。

実は、片面だけを約20秒ニンニクしょうゆにひたし、それをぬぐってから器にのせるというひと手間をかけているそう。このニンニクの香りが、こってりしたアブラの甘みとよく合っているんです。

また食感の変化もポイント。スープと接している面には、ほんの少し火が通り、表面とは少し違った舌ざわりになっています。でも、柔らかさは生のままの表面と変わらないんです。不思議。

麺屋武蔵20周年記念「金乃武蔵」鯨ら~麺の尾の身の刺身
スープの熱でどんどん食感が変化していきます

さて、この平べったい形には理由があります。付け合わせの野菜(水菜、ごま油であえた白髪ねぎ、いまが旬の新しょうが)を巻いて食べられるようになっているのです。なるほど、だから全部、野菜が同じ長さに切りそろえてあるのか!

麺屋武蔵20周年記念「金乃武蔵」鯨ら~麺
好きな薬味をのせて

くるくる巻いてパクリ。だめだ、おいしすぎて涙が出そう。日本酒飲みたい。まさか、こんなにもクジラをおいしいと思う日が来るなんて!

どの野菜も刺身と相性ばっちり。なかでも水菜は、「はりはり鍋」でもおなじみの最強コンビ。今回は、芯は食感を楽しめるよう生のままで、葉はおひたしにしてあります。細やかすぎるよ、店長さん。

あまりにゆっくり堪能しすぎて、本気で麺の存在を忘れていました。ああそういえば、これ、ラーメンだった…。
次ページ >>  スープにも感激!