蔦監修の冷し醤油ラーメン
蔦監修の冷し醤油ラーメン

サークルKとサンクスの各店に、東京・巣鴨の人気ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」が監修した商品が登場。「冷し醤油ラーメン」が5月24日~6月20日の4週間限定で販売される(九州地区をのぞく)。

蔦は、「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店として世界で初めて一つ星の評価を得た人気店。30種類以上のしょうゆからさまざまな組み合わせを試し、こだわりの醤油スープを開発。これにトリュフオイルを合わせた“唯一無二”のラーメン「醤油Soba」を提供している。

今回発売される冷し醤油ラーメンは、蔦の醤油Sobaを参考に、本醸造しょうゆに丸鶏ブイヨンと魚介エキスを加えて仕上げられた冷たいラーメン。蔦の代名詞である“トリュフの香り”も再現されているそう。スープとよく絡む全粒粉を配合した細めの麺を合わせ、ひと口食べるごとに風味とコクを感じられる商品に仕上げてあるとか。50万食限定、価格は498円(税込、以下同じ)。

また同期間、関東地区限定で「まかない肉飯」も販売される。白トリュフエキス入りのしょうゆダレで炊き込んだご飯に、肩ロースのチャーシューをたっぷり盛り付けて仕上げた“ミニ丼”。冷し醤油ラーメンのサイドメニューとしても楽しめる。価格は360円。

チャーシューごろごろ、まかない肉飯
チャーシューごろごろ、まかない肉飯