昭和の大衆酒場でウマい肉にかぶりつけ!
昭和の大衆酒場でウマい肉にかぶりつけ!

「大衆肉酒場 ぶっちぎり酒場」が5月12日16時、東京・神田に「神田店」をオープンした。

ぶっちぎり酒場は、“庶民的な昭和の懐かしさ”が漂う雰囲気と、「ぶっちぎりに早く、旨く、安く呑める」が特徴の居酒屋チェーン。気軽に酒や肉料理が楽しめる店として人気を博している。

名物メニューは、肉汁あふれる「骨付き ガブリ焼き」(790円)。骨付き豚ロース肉を塊のままオーブンで焼き上げ、“オリジナルソース”で肉のうまみをさらに引き出してあるそう。

ほかにも、ショートプレートの柔らかい部分だけをミディアムレアに焼き上げた「酒場のハーフポンドステーキ」(890円)や、牛1頭からわずか500gしかとれないという希少部位“ブリスケットスカート”を贅沢に100g使った「牛カルビ大串」(390円)といった看板メニューが並ぶ。

酒場のハーフポンドステーキ(左)と牛カルビ大串(右)
酒場のハーフポンドステーキ(左)と牛カルビ大串(右)

ドリンクメニューには、“うまい肉がよりうまくなる酒”がラインナップ。「生ビール中ジョッキ」(290円)をはじめ「極レモンサワー」(390円)や「フリージングハイボール」(390円)などが用意されている。また、1リットルジョッキで提供される「漢前(おとこまえ)ジョッキ」(690円~)も楽しめる。

なおオープン記念として、5月12~19日の8日間、18時までに来店すると生ビールが1杯29円、18時以降は1杯100円で提供される。また、牛カルビ大串は終日1本29円となる。

さらに5月20~26日の7日間はオープン記念第2弾として、名物の骨付き ガブリ焼きが100円引き(790円→690円)で提供される予定。

店舗所在地は、東京都千代田区鍛冶町1-7-19 大越ビル1・2F。営業時間は、月~木・土日16時~24時、金・祝前日16時~29時。