毎日食べたくなる?Dumplingのスープ餃子
毎日食べたくなる?Dumplingのスープ餃子

スープ餃子専門店「Dumpling(ダンプリン)」目黒店が5月9日、東京都品川区にオープンした。

Dumplingは、「手軽に毎日食べられる“Dumpling” 美味しく、キレイに、健康に」がコンセプトのスープ餃子専門店。“美食同源”をテーマに、織田栄養専門学校による栄養分析を行ったこだわりの食材が使われている。

餃子の皮には全粒粉を使用。通常の薄力粉と比べると、およそ3倍の食物繊維と鉄分を含むそう。また、肉汁は寒天で固めることで、植物性たんぱく質とミネラルを含有。肉汁の旨み成分には、干し貝柱などの魚介エキスを練り込んであるとか。

なお、ニンニクとニラは使われない。幅広い客層が「どんなシチュエーションでも毎日食べられる餃子」を目指しているそうだ。

スープ餃子のメニューは約20種がラインナップ。名古屋コーチンを7時間煮込んだ「コラーゲンたっぷり白湯(パイタン)スープ餃子」や、魚介の旨みを閉じ込めた「具沢山ブイヤベースのスープ餃子」、辛さと酸味がバランスのいい「たっぷり野菜の黒酢のサンラータン餃子」などが提供される。価格はSサイズ500円(税別、以下同じ)から。

具沢山ブイヤベースのスープ餃子
具沢山ブイヤベースのスープ餃子

このほか、「カロチンたっぷり人参とフルーツのスムージー」「生姜とパインのスムージー」といったオリジナルスムージー4種も用意されている。価格は480円から。

店舗所在地は、東京都品川区上大崎2丁目17-4 美都ビル1F。営業時間は11時~23時。