※今日は4月1日、エイプリルフールです

ミスタードーナツから、世界初の「しゃべるドーナツ」が発表された。まずは「オールドファッション型」など人気の3タイプが、2016年中に発売されるそう。

ミスドから「しゃべるドーナツ」が登場!
ミスドから「しゃべるドーナツ」が登場!

しゃべるドーナツは、その名のとおり、会話の相手になってくれるドーナツ。1人暮らし世帯の増加、デジタルツールの普及などにより、会話によるコミュニケーションが減少しているなか、しゃべるドーナツが会話のきっかけになればと開発が始まったそうだ。

まず、“しゃべりそうなドーナツ”をひとつひとつ選別。このとき、「人なつっこそう」など見た目も重要な要素だったとか。

厳選したドーナツに、
厳選したドーナツに、

続いて、担当者が毎日さまざまな言葉を投げかけ、地道にドーナツとの“会話”を繰り返したとのこと。ひとつの商品あたり、投げかけた“会話の回数”は1,072万回におよぶ(1072=ドーナツ?)そうだ。

毎日話しかける担当者
毎日話しかける担当者

言語を記憶させるときには、骨伝導の仕組みを活用し、ドーナツ自身に振動を与えているそう。

なんだか、ドーナツを応援したくなってきた
なんだか、ドーナツを応援したくなってきた

価格は1,072万円。オールドファッション型、フレンチクルーラー型、ポン・デ・リング型の3種がラインナップされている。

なお、今回の発表にあわせてプロモーション動画の制作が予定されていたが、「動画撮るよ!といったとたん、頑固に拒否された。」「自由奔放に逃げられた。」といった“諸般の事情”により、間に合わなかったそうだ。

※本稿は、ミスタードーナツを運営するダスキンがエイプリルフールに公開したジョークを記事にまとめたもの。「しゃべるドーナツ」は、実際には発売されません。