早起きして、自分の好きなことをする朝活。ジョギングや資格勉強をする人も多いようです。でも、興味があっても何をしたらいいかわからないという人もいますよね。そんな人には、ちょっと手間をかけた“朝食作り”がおすすめです。

朝食はパン派の人にとって、重要な食材といえば“バター”。手作りバターを使った朝ごはんを食べたら、1日を気持ちよくスタートできそうです。というわけで今回は、バターを手作りしてみました。

バターの作り方は、YouTubeで動画でも紹介しています。


■用意するもの

生クリーム:200ml
塩:適量
空のペットボトル(1リットル)

材料はたったこれだけ!
材料はたったこれだけ!

■作り方

空のペットボトルに生クリームと塩を入れる。

ペットボトルはよく洗ってから使いましょう
ペットボトルはよく洗ってから使いましょう

蓋をしっかりしめて、勢いよく振る。バターのかたまりができたら完成。

バター完成!
バター完成!

■手作りバター実食

手作りバターはしっかりコクがあり、苦労して作った分、いつものバターよりもおいしく感じられます。イチゴジャムのほどよい酸味とあいまって、口の中を幸せで満たしてくれます。卵サラダとベーコン、熱々のコーヒーも添えて、至福のひと時を味わえました。

朝から幸せ・・・
朝から幸せ・・・


■腕のトレーニングにも

朝からちょっとした達成感を味わえる、手作りバター。長時間振り続けることを覚悟して臨みましたが、7分ほどでバターの塊ができました。今回は生クリームを使用しましたが、牛乳を使うともっと時間がかかるようです。夏に向けて二の腕のシェイプアップにもなる一石二鳥の朝活、ぜひ試してみてください。