お酒が飲めるケンタッキーが高田馬場に!
お酒が飲めるケンタッキーが高田馬場に!

昼はカフェ、夜はバル。ケンタッキーフライドチキン(KFC)高田馬場店(東京都新宿区)が、4月1日、お酒が飲めるKFCとしてリニューアルオープンします。あつあつのフライドチキンをつまみにビールをぐびっと。“オトナ”のみなさん、いかがでしょう!

お酒が飲めるKFCは2店舗ある

実は、読売新聞東京本社ビル店(東京・大手町)も、アルコールメニューが展開されている“大人ケンタッキー”。お酒が飲めるKFCは2店舗あるのです。(下北沢の「KFCルート25」は閉店…。)

そんななか、高田馬場店には休日も営業しているというメリットが! 読売新聞東京本社ビル店は平日のみの営業(土日祝日は休み)なので、“休日にお酒が飲める日本で唯一のKFC”とも言えるかもしれません。

さて、高田馬場店では、モーニング(オープン~10時)、ランチ&カフェ(10時~17時)、バル(17時~閉店)の3つの時間帯で、提供メニューがかわります。モーニングは各店舗のメニューを参考に。この記事では、ランチ&カフェとディナーのメニューをご紹介します。

ランチ&カフェメニュー

野菜たっぷりのプレートや、ビスケットをアレンジしたスイーツ(カフェ業態の店舗でも提供中)などがラインナップ。通常メニューのセットではサラダも選べます。

▲サラダとチキンでヘルシーランチ  (写真はディナーの「きまぐれサラダ」)
▲サラダとチキンでヘルシーランチ
(写真はディナーの「きまぐれサラダ」)

ディナーメニュー

とにかくアルコールメニューが豊富! プレモルをはじめとする生ビール、「コナビール」(米国ハワイ)や「常陸野ネスト」(日本)などのクラフトビールが、計17種用意されています。すっきり系からどっしり系まで、気分や好みでビールを選んで。

▲ドリンクカウンター。ハートランドの生も
▲ドリンクカウンター。ハートランドの生も

また、オリジナルハイボール「カーネルハイ」も面白い。コーラシロップにハイボール(ジムビームがベース)を注ぎ、“秘密のスパイス”をかけて仕上げられます。「オリジナルチキン」と合うよう開発されたものなので、ぜひ一緒にお試しあれ。

▲「カーネルハイ」(460円)  スパイスの配合は秘密!最後に残る香りが不思議
▲「カーネルハイ」(460円)
スパイスの配合は秘密!最後に残る香りが不思議

フードでは、「オリジナルチキン」をはじめ、国産の鶏肉を使った燻製やグリル、おつまみやパスタなどが用意されています。

▲「チキン・コルドン・ブルー ラタトゥイユ添え」(680円)  チーズをはさんだサクサクのチキンフライがおいしい
▲「チキン・コルドン・ブルー ラタトゥイユ添え」(680円)
チーズをはさんだサクサクのチキンフライがおいしい

▲「まるごとトマトのタプナードソース(バゲットつき)」(750円)  ソースをバゲットにたっぷりのせて
▲「まるごとトマトのタプナードソース(バゲットつき)」(750円)
ソースをバゲットにたっぷりのせて

▲「しっとり鶏むね肉の燻製」(480円)  ピリリと山椒のアクセントでビールがすすむ!
▲「しっとり鶏むね肉の燻製」(480円)
ピリリと山椒のアクセントでビールがすすむ!

なお、ランチ&カフェ、ディナーの間も通常メニューは提供されているので、パックの持ち帰りなども可能です(テイクアウトは通常メニューのみ)。

▲同店ならでは、サイドメニューにサラダ(赤枠)があります
▲同店ならでは、サイドメニューにサラダ(赤枠)があります

リニューアルにより、座席は以前よりゆったりめとなりました。カウンターにはコンセントも設置されているのが嬉しいところ。助かる方も多いのでは?

▲注文はセルフで
▲注文はセルフで

▲中央のカウンター席にもコンセント
▲中央のカウンター席にもコンセント

▲黒板アート風の天井
▲黒板アート風の天井

1人でもグループでも、気軽にフライドチキンとお酒を。 テイクアウトして家で温めなおさなくても、あつあつを食べられます。

ところで、お酒が飲めるKFCには、“指サック”の導入をアツくアツく希望します。チキンを持ったあとの手でグラス持つの、とってもつらいので…!

▲青丸で囲った部分に装着しているヤツが“指サック”
▲青丸で囲った部分に装着しているヤツが“指サック”

【店舗情報】
KFC高田馬場店
住所 東京地新宿区高田馬場1-28-10
営業時間 モーニング(7時~10時)、ランチ&カフェ(10時~17時)、ディナー(17時~22時/金土は~23時)