とろ~りチーズと香ばしい具のコンビネーション。あつあつのピザ、好きな人も多いでしょう。でもピザを食べるとき、ためらってしまうことってありませんか? カロリーは高いし、野菜が少ないし…あまり健康的なイメージではありません(おいしいから食べるけど!)。

そんな常識を変えるかもしれない新ジャンルのピザ「PIZZA OFF(ピッツァ オフ)」が誕生しました。“ピッツァで美と健康を手に入れることができる”という、夢のようなピザです。

そんなピザがあれば毎日だって食べたいくらい! えん食べ編集部は気になるピザを試食させてもらいました。

ダイエット中でも食べられる!? 「PIZZA OFF(ピッツァ オフ)」を食べてみた
ダイエット中でも食べられる!? 「PIZZA OFF(ピッツァ オフ)」を食べてみた

ピッツァ オフは、お手ごろ価格のピザが人気のNapoli's(ナポリス)とNAPOLI(ナポリ)各店で、3月17日から販売されます。

ポイントはズバリ生地にあります。同店で通常使われている生地と比べると、糖質は50%オフの39.3g。カロリーも37%オフの276kcal。さらに、話題のスーパーフード「チアシード」が配合されており、食物繊維はレタス10.4個分も摂取できるのだとか。なんともヘルシーな生地なのです。

成型前の生地。おからをミックスしてあるのがポイント
成型前の生地。おからをミックスしてあるのがポイント

この生地を使ったシリーズ第1弾として「ハイオメガベジィピッツァ」が登場。ヘルシー生地に、たっぷりの野菜とミックスビーンズ、芝海老、カッテージチーズをあわせ、レモンと白ワインビネガーで食べるサラダみたいなピザです。1枚丸ごと食べても376kcal。糖質は52.4gと、ご飯1杯分よりも少ないのだとか!

別添えの白ワインビネガーつき
別添えの白ワインビネガーつき

まずは何もかけずに食べてみます。生地は“ナポリピッツァ”らしくもっちもち。チアシードのつぶつぶ食感は気になりません。おからのおかげか、後味がややさっぱりとしていて、重くないのも好印象。

野菜の下にはトマトソースが敷いてあり、生地と具をうまくつないでいて、何もかけずともじゅうぶんおいしく食べられます。

一方で、レモンをしぼると香りが華やかに。さらにビネガーをかけると、酸味が後味を軽くしてくれます(ただしかけすぎるとむせるので注意!)。もちろん、ビネガーだけかける、という手も。別添えなので好みにあわせて調節できます。

レモンやビネガーはお好みで
レモンやビネガーはお好みで

野菜たっぷりのサンドイッチみたい
野菜たっぷりのサンドイッチみたい

生地も具もさっぱりしていて、朝ごはんや夜食としても良さそう。実際、開発中には、夜通しで作業に追われるスタッフたちのお腹を助けてくれたそうですよ。

カロリーも糖質も低くて、さまざまな栄養素もとれる。ピザのイメージを大きく変えるピッツァオフ、きっと注文が殺到するに違いないぞ! ところが提供数は1店舗あたり5食と、とっても少なめです。

実は、通常の生地と比べて製法が複雑なため、開発担当のピッツァ職人が1人でてづくりしているのだとか(ひょえ~!)。第2弾が発売される5月頃には、機械で量産できるよう計画中とのこと。注文するとき、通常生地かピッツァ オフの生地を選べるようになったら嬉しいのですが、ナポリスさん、いかがでしょう??