余ったサンドイッチをお食事系フレンチトーストに
余ったサンドイッチをお食事系フレンチトーストに

簡単につくれておいしいサンドイッチですが、“余った食材でサンドイッチをつくる”ことはあっても、“余ったサンドイッチをリメイクする”なんて、考えたこともありませんでした。

しかしある日、筆者の前に“余ったサンドイッチ”が現われたのです。ケータリングで残ってしまったものを、「明日のごはんにしたら?」ともらったんですよね。でも、しばらく出していたからか、表面が少しパサパサに。このまま食べてもおいしくなさそう。

そこでふと思いついたのがフレンチトーストでした。しかも甘いものではなく、セイボリー系(お食事系)の、甘くないフレンチトースト。さっそく作ってみました!

ラップに包んで持ち帰ったヤツら
ラップに包んで持ち帰ったヤツら

材料(だいたい食パン1.5枚分くらい):余ったサンドイッチ、卵1個、牛乳100ml、塩コショウ(適量)

作り方:
1.卵と牛乳と塩コショウを混ぜ、卵液をつくる
2.1の卵液にサンドイッチをひたす
3.フライパンに油を引き、うっすら焦げ目がつくまで焼く

卵液につけているところ。  キッチン事情によりボウルが出払っていたので、雪平鍋で…
卵液につけているところ。
キッチン事情によりボウルが出払っていたので、雪平鍋で…

ココナッツオイルでジューー
ココナッツオイルでジューー

アツアツをほおばると、サンドイッチの具材の塩気が、卵液と妙にしっくりなじんでいてビックリ。特にハムは相性抜群でした。これ、チーズを入れてもおいしそう! パサついていた表面もしっとり、ふんわり、もっちり。コーヒーと一緒においしくいただきました。

ちなみに、サンドイッチに使われているパンって薄めでふかふかのものが多いですよね。だからでしょうか、卵液にひたす時間は2~3分あれば十分かな、という印象でした。普通のフレンチトーストよりも早くできあがります。時短、時短。

ハム入りは超おすすめ
ハム入りは超おすすめ

正直なところ、サンドイッチが余る機会ってなかなかないとは思います。でも、ホームパーティーとか、会社の懇親会とか、いつか使えるときが来るかもしれません。これからパーティーが増える季節ですし。

とはいえ、サンドイッチが余るのを待たなくても、自分でサンドイッチをつくればいつでも食べられます。むしろ、おいしいのでぜひつくってほしい! 具はなんでも良いですが、なるべく薄く仕上げたほうが焼きやすいと思います。またバラバラとくずれやすいもの(山盛りのレタスサンドなど)は、向いていないのでご注意を。