ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」は、一度は食べたいとっておきスイーツ!
ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」は、一度は食べたいとっておきスイーツ!

ぽってり濃厚、ひとくちほおばると口いっぱいに広がるカカオの香り。KEN'S CAFE TOKYO(ケンズカフェ東京、以下ケンズカフェ/新宿御苑前)の「特撰ガトーショコラ」は、一度は食べたいあこがれのスイーツです。

手の平大ほどで小ぶりなのに1本3,000円。それでも年間6万本が飛ぶように売れ、“グルテンフリー・ガトーショコラ”として駐日大使へのお土産に利用されたり、有名人おすすめの手土産としてメディアに登場するなど、たびたびに話題に。また、いくつものランキングで1位を獲得しています。

そんな“日本一のガトーショコラ”にまつわるアレコレを、生みの親であるシェフの氏家健治さんにうかがいました。

■レシピが分かっても真似できない味

実はこのガトーショコラのレシピはさまざまなところで公開されています。でも、味を再現するのはムズカシイ。なんてったって、材料が全く違うもの。

特撰ガトーショコラには、世界から賞賛されるイタリア・ドモーリ社製のクーベルチュールチョコレートが使われています。日本で唯一のオリジナルブレンド「Ken's」です。これに、卵とグラニュー糖、無塩バターをあわせるだけ。小麦粉を一切加えず、シンプルな材料でつくるからこそ、カカオの味わいをストレートに感じられるのです。
 
■レストランのデザートから始まった

氏家さんはパティシエではありません。名だたるレストランのキッチンを経験した「シェフ」です。

15年ほど前、レストランとしてオープンしたケンズカフェでは、デザートにガトーショコラを提供していました。これが話題となり、持ち帰りたいというお客さんが現れます。焼きたて、とろとろで食べるガトーショコラ。持ち帰りには向かないことからためらっていたものの、あまりに要望が多かったため、テイクアウトできるようにしたのだとか。

レストランそのまんまのたたずまい
レストランそのまんまのたたずまい

当時の日本では、小麦粉をたくさん入れたパウンドケーキみたいなガトーショコラが一般的だったそう(これはこれでおいしいのですが)。そんななか氏家さんは、フランス・ブルターニュ地方で食べた、良質のバターをたっぷりと使ったガトー オ ショコラの味を再現すべく、しっとり濃厚なガトーショコラをつくりあげました。フランス・ヴァローナ社の高級クーベルチュールをぜいたくに使い、現在ほどチョコレートへの理解が進んでいなかった日本でも多くの人の心をつかみました。

転機は突然訪れます。ある日、ドモーリ社のトップが同店を訪れたのです。カカオが生きたガトーショコラに感銘を受け、ぜひ自社のチョコレートを使ってほしいと申し出ます。しかし単価が高いうえ、最低でも年間4トンの注文(ガトーショコラ4万本分!)が必要だったため、とても受けられないと断ったそうです。

しかしその後、お土産のガトーショコラを食べた夫人が「うちのチョコレートを使わないなんてもったいない!」と発破をかけたそうで、ドモーリ創始者ジャンルーカ・フランゾーニ氏自らがブレンドしたというオリジナルチョコレートを使うことになりました。いまでは年間6トンものチョコレートを購入しているそうですよ。

全体の重さの4割ほどがドモーリのチョコレート、という計算に
全体の重さの4割ほどがドモーリのチョコレート、という計算に