日本各地の“魚料理”が味わえるイベント「魚フェス」が、3月18日~4月3日の17日間、東京タワー1階 特設会場で開催される。昨年開催された「日本魚祭り」に続く2回目。

東京タワーで全国の魚料理が味わえる!
東京タワーで全国の魚料理が味わえる!

北は北海道から南は九州まで、全国津々浦々の“自慢の魚メニュー”がラインナップ。北海道からやって来るのは「北海3種盛海鮮丼」や「肉厚ホタテ浜焼き&いかチャンチャン焼き」、山口県から出品されるのは“高級食材”とらふくを使った握り寿司など。

海鮮丼や握り寿司(写真はイメージ)
海鮮丼や握り寿司(写真はイメージ)

また静岡県からは、かき揚げがまるでタワーのようにそびえ立つ「海鮮かき揚げ丼」が登場。さらに鳥取県・境港からは、甲羅に詰められたカニ味噌と焼きガニが同時に味わえる「紅ズワイガニ」も提供される。

見た目にもインパクト大なメニューたち(写真はイメージ)
見た目にもインパクト大なメニューたち(写真はイメージ)

主催の「魚フェス実行委員会」はこのイベントを通じ、日本国内はもちろん海外へも「日本の魚」の魅力を発信したいとしている。

会場所在地は、東京都港区芝公園4丁目2-8 東京タワー1階 特設会場。入場料は無料だが飲食代が別途必要。食券は1枚700円(税込)。

営業時間は、月~木11時~20時、金11時~22時、土・祝前日10時~22時、日・祝10時~20時。なお、桜の開花にあわせて営業時間を延長することもある(22時まで)そうだ。